第413回 07/05/18 [Part 1] Fare, fee, charge, rate [Part 2] Gung Ho

Gung Hoは中国語っぽいと思ったら、中国語から来た英単語とのこと。中国語も英語に影響を与えるんですね。
干活かと思っていましたが、英和辞典で調べると工和とのこと。中日辞典にありませんでした。Yukoはmandarinから来たと言ってましたが、ひょっとして広東語から来た?
意味は加油の様な感じでした。

追記
中国人に工和を聞いたら知らないと言ってました。北京語でも広東語でも無いそうです。
[PR]
by arip314 | 2007-05-23 01:07 | eChat Vancouver | Comments(5)
Commented by durian at 2007-05-23 08:12 x
ガンホーという会社名は、この言葉に由来しているのかも知れませんね。
http://www.gungho.co.jp/
Commented by chinafish at 2007-05-23 21:20 x
ネットでみると、gunghoは、
工合=中国工业合作社もしくは中国工业合作运动
から来ているそうです。
日中戦争がはじまったころ結成された抗日組織とか。
Commented by durian at 2007-05-23 22:59 x
こういう説明がありますね。
http://k.excite.co.jp/hp/u/takdayo/?pid=000708&yid=&showtree=true&SSL=
Commented by arip at 2007-05-23 22:59 x
chinafishさん、ジーニアス英和は間違っているということですかね。このことを伝えれば謝礼が期待できるかも。
Commented by arip at 2007-05-23 23:01 x
durianさん、こんな会社が有るんですね。知りませんでした。


<< 算盘 (abacus) 中国铁路第六次提速 >>