HSKネット試験の準備

紙受験でない場合模試をやってみてどう回答するのか疑問がありました。
ここが参考になるようです。

現地(上海)でHSK5級を受けてきました


パートの制限時間を超えたら、戻って見直したり、答案を変えたりすることはできません。

これでは回答時のメモの書き方とか分かりません。雰囲気とか準備は分かります。


新HSK6級うけてきました

・リスニング
問題が読まれる前に選択肢をざっとみて内容を想像

・閲読
解答欄にチェックをいれないことには先に進めない
「大綱5000語」というのが公表されているようですね。分からないのは推測しかないですね。

・書写
タイトルを書くのと、文章の最初を2マスあける

そっか、中国語は2マス空けるでしたね。

[HSK]2017年1月HSK6級受験備忘録
・听力
ヘッドホンは持参したものも使用できる
選択肢の先読みがしずらい(ネット受験でも前の問題が早く終われば次の解答選択肢を見ることはできる)
・写作
中国語IMEは搜狗やMSから選べる。
問題文のエッセイに線などがひけない。
写作の回答中、入力した文字数が表示される。
[PR]
by arip314 | 2018-06-02 17:22 | HSK対策 | Comments(0)


<< 申込失敗かも 飛鳥山公園へ紫陽花を見に行って... >>