澳门 Cotai コタイ地区の名前の由来は?

マカオではコタイという場所に大きなカジノやホテルがばんばん建っています。

コタイはCotaiと書いて、タイパのフェリー乗り場からコタイのホテルに行くバスやネットで調べると対応する漢字が金沙になります。コタイセントラルは金沙中心と表記されます。
今回泊まったSheraton Grand Macao Hotel, Cotai Centralは澳門喜來登金沙城中心大酒店と中国語表記されていました。
コタイは普通話で金沙とはならないので、広東語かポルトガル語が語言かなと思っていました。旅行から帰って調べるとコタイは離島区のタイパ島(Taipa, 氹仔島)とコロアネ島(Coroane, 路環島)の間を埋めたもので、2つの島の名前を組み合わせて作った造語とのこでした。なるほど、中国人も知らない人がほとんどのようです。
大田区が大森と蒲田で大田になったのと同じような感じということですね。高崎で言えば飯塚と貝沢で塚沢も同様の造語の作り方ですね。

によると、「官也街という地名はポルトガル人の人名にその由来があります。1850年にマカオ総督となったペドロ・アレクサンドリーノ・ダ・クーニャのクーニャ(中国語では官也)から採られたものです。」とありますが、中国語でも普通話では発音が違うので広東語かもしれませんね。
ホテルのあるコタイから官也街までは徒歩20分くらいということでしたが、タクシーで行きました。普通話の発音で通じました。一方通行の関係か分かりませんが、遠回りした気がします。

氹,凼: (dàng)

[PR]
by arip314 | 2018-04-13 07:20 | 旅行 | Comments(0)


<< 自転車で転んだ カスペルスキーでラジコを聞く >>