Raspberry Pi3 (11) RedMineを入れてみる

Raspberry Pi3にプロジェクト管理ソフトRedMineを入れてみました。
まったく初心者なので意味もわからず手順に従ってやるだけです。

Ubuntu 16.04(またはRaspbian)にRedmineをインストールする
は良く書かれていましたがうまく行きませんでした。

条件
・RaspberryPi3
・Raspbian jessie 3.5inch LCD用のものでsshは有効になっています。
・Redmineは日本語で使いたい。
・RedmineのデータベースはMySL
・無線LAN環境
・3.5inch LCDパネル。無線LANをつなぐためだけに使用。
・HDMIディスプレイとキーボードは無し、sshでWindowsパソコンで設定

準備
・SDFormatterでSDカードのフォーマット
・Win32DiskImagerでRaspbianの書込 RPi-35inch-LCD-Raspbian-160728
・RasPiが起動したらLCDで無線LANの接続設定
・RasPiにWindows PCのTeraTermでssh接続して設定を続ける。
・sudo raspi-config でExpand filesystemとInternational Settingsの下記設定。
 locale->日本語
 Time zone->Tokyo
 WiFi->JP
 日本語環境でRedmineをインストールしないと一部英語になる。
 config画面を終了しreboot nowで再起動。

・RasPi再起動後Windows PCのTeraTermでssh接続して設定を続ける。
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install fonts-takao ibus-mozc
 日本語入力 ibusの設定 入力メソッドにmozcを追加

Redmine on Raspberry Pi 2
に従いますが、この通りだとredmineのインストール
sudo apt-get install redmine redmine-mysql
でエラーが出たのでその前に
sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev
をやっておくとうまく行きました。
つまり下記の順に行いました。
・sudo apt-get install redmine redmine-mysql
・sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev

http://192.168.x.x/redmine RasPiのアドレス
で表示が出ればOKです。
この方法で入れたRedmineは下記の通りでした。
Environment:
Redmine version 2.5.2.devel
Ruby version 2.1.5-p273 (2014-11-13) [arm-linux-gnueabihf]
Rails version 4.1.8
Environment production
Database adapter Mysql2
SCM:
Git 2.1.4
Filesystem
Redmine plugins:
no plugin installed
[PR]
# by arip314 | 2017-02-28 08:54 | ガジェット | Comments(0)

確定申告行ってきました。

仕事を始めて平日に地元の市役所へ確定申告に行けなくなったので、休日にやっている高崎税務署の出張所ビエント高崎に行ってきました。期間中日曜は2回しかありません。

ビエント高崎の窓口はいろいろやってくれるわけではなくて、アドバイスはくれるけど基本自分でやってねという感じでした。

朝一で行ったら結構混んでいて1時間くらい待ちました。一通り終わったのが11時過ぎていて半日仕事になりました。帰る頃には空いていました。一緒に行った母の分が書類が足りずに済まなくてもう一度午後に出直しました。その時は待ちもなくすんなり終わりました。パソコン入力は自分でするようで母に代わって入力しました。母の分は地震保険の通知がないというので控除はできませんでした。

自分の時は入口でいくつか聞かれて税理士と相談しながら「所得税収支内訳書」というのを作成するようです。確定申告書も税理士さんにアドバイスを受けながら手書きで記入しました。市役所の方が手取り足取りで楽だった気がします。
確定申告で4万円以上戻ってくるようです。

母のは収入の経費がわからず出直しとなりました。市役所の窓口だったら去年のを参考に調べられたのかもしれません。去年の確定申告書があれば参考にできると思うのですが、捨ててはいないと思いますが分からなくなったようです。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-27 12:55 | 日記 | Comments(0)

テレサ・テン - 雨夜花

今週のファミレス英語の会に参加しなかったですが、見せてもらったメモの裏に歌の名前らしいのが書いてあって調べるとテレサ・テン - 雨夜花のようです。


聞いて分からないので台湾語と思われます。台湾では有名な歌なのかもしれません。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-23 12:50 | 日記 | Comments(3)

Raspberry Pi3 (10) Windows 10 IoT Core

今まではRaspbianをOSにしていましたが、Windows 10 IoT Coreというのも使えるようでやってみました。キーボードやHDMIは無く、RasPiとPCはLAN(WiMAXモバイルルーターWM3800R)で接続してやってみました。

ラズパイにWindows 10 IoT Coreをインストールしてアプリを動かすまで。(2016年6月)
「Raspberry Pi3 Model B」で遊んでみよう! Part4 ~Windows 10 IoT Coreに挑戦!

を参考にします。

・「Windows 10 IoT Core Dashboard」をPCにダウンロードしてインストール
Windows デベロッパー センターにアクセスしGet Startedをクリック
1.Select your hardware - RPi3
2.Select your installation media - Install onto my blank microSD card
3.Select your OS version - Windows 10 IoT Core
4.Continue the setup process by getting the tools and instructions you'll need to get up and running.
c0076764_1452165.jpg

・「IoT Dashboard」を起動して新しいデバイスのセットアップ
PCにSDカードを入れパスワードを入れて「ソフトウェアライセンス条項に同意する」チェックを入れ「ダウンロードとインストール」を押す。SDカードにOSを焼くことになる。
c0076764_1461968.jpg

c0076764_1474851.jpg
・SDカードが準備できたら、LANをRasPiにさして起動し数分待つと自分のデバイスが表示される。
c0076764_1485450.jpg
HDMIディスプレイがあれば途中経過を表示しているのかもしれません。RasPiのIPはルーターのDHCPのものです。
c0076764_1493935.jpg
 自分のデバイスをダブルクリックすると設定ができるもよう
c0076764_14103092.jpg
 右クリックするとDevice PortalやPower Shellで開ける

 Device Portalはhttp:192.168.0.6:8080/を入力したのと同じ。
c0076764_1412093.jpg
 Power Shellはコマンドラインのようなものでした。

 初期起動状態でのログインアカウントは
 ◦ID: 「administrator」
 ◦PW: 「p@ssw0rd」

「IoT Dashboard」で「サンプルを試す」の「インターネットラジオ」をやってみました。
192.168.0.6:8080のブラウザ上で操作画面が出ました。
c0076764_14141343.jpg
スピーカーが×になっていて音を出すことはできませんでした。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-20 12:56 | ガジェット | Comments(0)

Raspberry Pi3 (9) raspbian-jessie-liteのsamba設定

3.5インチLCDタッチパネルのSDと違い、2G:2017-01-11-raspbian-jessie-liteはLANから見えませんでした。
sambaを設定してみることにします。

・sambaサービスをインストールする。
 sudo apt-get install samba
・設定ファイルを変更する。
 sudo nano /etc/samba/smb.conf

修正点は以下
security = user
guest account = root
ファイルの末尾に下記の内容を追記する。
[share]
comment = usb storage
path = /
browseable = Yes
read only = No
guest ok = Yes

smb.confの設定項目は、バージョンによって少々異なるので注意が必要なようです。

pi@raspberrypi:~ $ smbd -V
Version 4.2.14-Debian

service --status-all
...
[ + ] samba
[ + ] samba-ad-dc
[ + ] smbd
...

第6回「ラズベリーパイの中にNASを詰め込む!」

・sambaサービスの停止
 sudo service samba stop
で停止しませんでした。

 sudo service smbd stop
で停止しました。
[ - ] samba
[ + ] samba-ad-dc
[ - ] smbd

c0076764_11421836.jpg
アクセスできなくなりました。

再起動するとsambaが起動するようになっていました。
swatを入れてみようと思いましたがダメでした。

sudo apt-get install swat
...
E: Package 'swat' has no installation candidate

raspberry pi2でswat がinstallできません。
を見るとswatはSamba4.1以降なくなって今はWebmin を使うそうですね。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-17 08:54 | ガジェット | Comments(0)

Raspberry Pi3 (8) 3.5インチLCDタッチパネルはLANから見える

Raspberry Pi3 (6) 3.5インチタッチパネル ディスプレイをつなぐ
で使ったSDカードで起動するとLAN経由でフォルダが見えるようになっていました。
c0076764_9385945.jpg

Teratermで確認すると
smbd -V
Version 4.2.10-Debian
となっているのでsambaが動いているのかもしれません。
sudo nano /etc/samba/smb.conf
を見ると
[tmp]
comment = Temporary file space
path = /home/pi
read only = no
public = yes

となっています。

RasPiでNASを構築するという話がよく出てきたり、sambaの設定というのが出てきたりしますが、sambaを使ってNASを構築するというのだということがわかりました。
第6回「ラズベリーパイの中にNASを詰め込む!」

Sambaの設定ツール「SWAT」が動いているかRasPiのブラウザでhttp://localhost:901/をやっても表示はありませんでした。

SWATをインストールしようとしましたが、ダメでした。
sudo apt-get install swat
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
Package swat is not available, but is referred to by another package.
This may mean that the package is missing, has been obsoleted, or
is only available from another source

E: Package 'swat' has no installation candidate

・sambaサービスの停止
sudo service --status-all
...
[ + ] samba
[ + ] samba-ad-dc
[ + ] smbd
...

sudo service samba stop
でサービスが停止できませんでした。
sudo service smbd stop
でサービス停止できましたが、RASPBERRYPIはネットワーク上にいます。
[ - ] samba
[ - ] samba-ad-dc
[ - ] smbd

More
[PR]
# by arip314 | 2017-02-16 08:57 | ガジェット | Comments(0)

WM3800Rのポートフォワード設定

WM3800Rにパソコンを接続してリモートデスクトップ(RDP)接続とWOLをやってみました。
下記のような接続でスマホやiPadからRDP接続してみます。このためにはどうやらポートフォワード設定というのが必要なようです。

Windows10 PC(dynabool RX3) --- WM3800R --- 公衆回線 --- スマホ、iPad等

確認くんでPCのIPを見るとグローバルIPが振られているように見えるのですが、WiMAXはローカルIPになった模様でうまく外部から接続できませんでした。

Yamada WiFiのグローバルIPアドレスオプションを申し込むとIPアドレスが変わり外部から接続できるようになりました。

WM3800R ポート開放
開けるポートはRDP用とWOL用の2つです。
c0076764_1128411.jpg

[PR]
# by arip314 | 2017-02-15 12:58 | ガジェット | Comments(0)

Salon de loyalのピーカンナッツ

c0076764_12495018.jpg
大阪の子供がチョコを送ってくれました。Salon de loyalのもののようでめちゃ美味しくいただきました。一味違う上品な味でした。カカオのが私は好きでした。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-14 18:56 | 日記 | Comments(0)

USBはんだごてを買ってみた

モバイルはんだごてが便利そうというので、電池式かUSB式の半田ごてを買ってみようと思ってました。セールだったので、USB給電式 半田ごて MI-ZD20 15秒 高出力 コンパクト 安全 ハンダゴテを買ってみました。



c0076764_1645282.jpg

c0076764_1653406.jpg
電源を入れると銀色のポチに触らなくても熱くなって半田付けできました。広面積は試していません。
[PR]
# by arip314 | 2017-02-13 12:40 | ガジェット | Comments(0)

Arduino nanoを買ってみた

トランジスタ技術 2017年2月号 高IQアルデュイーノ基板で部品キットはそこそこの値段するのですがArduinoの互換機は安く買えるようなのでAmaonで買ってみました。
パソコンとMini USBケーブルで接続してAdruino nanoと接続可能です。Aruduino IDEをダウンロードしてプログラムを書けばLチカ OKという感じでした。


何通りか買えるようですが、中国からの発送になると送料は安いですが、時間がかかるのを経験したので注文時、本体価格より送料の方が高いですが国内発送のところにしました。注文の翌日には届きました。

c0076764_15375411.jpg
普通郵便で送られて来た。
c0076764_15372721.jpg
ピンが曲がっていた。上下2か所。
ピンが内側を向いてはんだ付けされていたので単にはんだがいい加減なのかなと思いましたが、2.54mmピッチのブレッドボードに挿すときにちょうど良いサイズになるので故意に取り付けているようです。

Arduino Nano でLEDを光らせてみたを見てLチカをやってみました。
c0076764_15451530.jpg

[PR]
# by arip314 | 2017-02-12 15:46 | ガジェット | Comments(0)