<   2012年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

都江堰(一)

堰(yàn)
水利工程(shuǐlì gōngchéng)
论年龄
灌溉(guàngài)
几百万亩(mǔ)
岷江(mín):长江上游支流
时常发洪水,当地人民生活很艰苦。
岷江的水/治理/好。
下游到上游
下游:河流接近出口的部分。
察看(chákàn)
水情:水位、流量等的情况
融化(rónghuà)
窄(zhǎi)
庄稼(zhuāngjia):地里长着的农作物(多指粮食作物)。
淹(yān)
一分为二:哲学用语,指事物作为矛盾的统一体,都包含着相互矛盾对立的两个方面。

[PR]
by arip314 | 2012-10-31 06:10 | iMandarinPod | Comments(0)

重阳节的来历

守(shǒu)
不测风云:风云:比喻变幻动荡的局势。不可预测的变幻动荡的局势。
汝河(rǔ)
瘟疫(wēnyì)
恭恭敬敬:对尊长贵宾谦恭而有礼貌。
跪(guì)
茱萸(zhūyú)
祸(huò)
仙鹤(xiānhè)
[PR]
by arip314 | 2012-10-28 06:40 | iMandarinPod | Comments(0)

中国語レッスン 第166回 《杜拉拉升职记》40

発音指摘
一侧脸(cèliǎn)
搂(lǒu):搂抱 楼(lóu)
脊背(jǐbèi)
星星点点/斑驳地/洒/在/藤椅上
斑驳(bānbó)
洒(sǎ)
静(lěngjìng)
两人顺利地把的菜都吃完了 3
(fāgān)
见教得是:您说的对 3
见教:<书>客套话,指教
王伟解释 3
一把/扯起/在床上的床单 pu1 動詞の時は1声
扯(chě)起 起は結果補語
床单(chuángdān):ベッドに掛ける単布。日本語が思い出せなかったのですが敷布でしたね。
单子(dānzi):シーツ。敷布
カーテンの日本語が思い出せません。中国語は窗帘。

麻烦你让开些
让开は普通使わない。
请让我一下
请让我过去
を使う。
[PR]
by arip314 | 2012-10-27 05:46 | 中国語レッスン | Comments(1)

过犹不及

c0076764_204236.jpg
过犹不及(guò yóu bùj)
贤明(xiánmíng)
礼节(lǐjié)
常常超过周礼的要求
周礼(しゅらい)は、儒家が重視する経書

写真は23日の富士山
[PR]
by arip314 | 2012-10-26 05:54 | iMandarinPod | Comments(0)

台湾出張2回目 3日目(6)鰻 京都屋 マッサージ 掏耳朵

 夕食は事前調査から鰻を食べようと思っていました。台湾産の鰻が結構日本に来ていてリーズナブルに食べられるとのことでした。光華商城でお腹が空かなかったので、歩いて天津街まで行くことにしました。
c0076764_1175976.jpg
途中海鮮のお店がたくさんあるところを通りました。結構流行っているようなので、この辺も良いのかもしれません。
c0076764_121247.jpg
天津街の京都屋です。
c0076764_1235872.jpg
頼んだのは小さい鰻丼。800円くらいです。ご飯の盛りを選べるようです。日本語で注文もOKそうです。日本人が来ていて、台湾人相手にいろいろ話しているのが聞こえました。9:00がラストオーダーみたいで、会計を先に済ませました。
c0076764_1243264.jpg
そばにサウナがありました。大陸では桑拿ですが、三温暖と言うようです。
c0076764_1253567.jpg
この辺は日本食のお店やスナックがたくさんありました。六條通と言うようです。
 歩いてホテルへ戻る途中、歩き疲れたので足裏マッサージのできるところに寄ってみます。祝日で閉店が早いのか営業時間より早く閉店しているところが多いです。
 事前調査では耳搔きが良いとのことだったので、掏耳朵ができるところを探しました。ホテルの近くのマッサージ店に入りました。足裏30分500NTDの表示がありました。小さい子供がいるお店で、閉めかけていたので大丈夫かと聞くと大丈夫とのこと。足裏マッサージ30分と掏耳朵30分同時にやってくれるよう頼みました。夫婦でやっている感じのマッサージ点でした。足浴をしていると、同時にやるのは体が動いて危ないから、マッサージの後で耳搔きをやると言います。なるほどと言うことでOKしました。足裏マッサージは男の人がやってくれました。ツボを心得ていて気持ち良かったです。おかげでこの日歩き回った疲れが解消しました。肩も少しやって欲しかったのでお願いしたらサービスだと言ってやってくれました。ちゃんと仕事をこなすタイプのお兄さんで、この辺中国語が話せると対応が良くなります。聞き取りやすい中国語でした。
 耳掻きは男の人が白衣を着て出てくるのと想像していたら阿姨が普通の服で来ました。反射鏡を付けたり、耳の照明が用意されていました。30分結構みっちりやってくれます。湿潤系の耳のせいか思ったほど気持ち良くはなかったです。最後にこれだけ取れたと見せてくれました。カラカラ系だとすごい量なのかもしれません。両方合わせてお代は900NTDでした。
[PR]
by arip314 | 2012-10-25 06:17 | 日記 | Comments(2)

台湾出張2回目 3日目(5)光華商場 台北の秋葉原

イカ焼きを食べた後は台北の秋葉原 光華商場へ行きます。日本の秋葉原を考えるとこれからお店が開いているかちょっと疑問でしたが、8:00くらいまではやっているだろうと思いました。
MRTで淡水→民権西路→忠孝新生
と行ってみました。新しい蘆洲線を使ってみることにしました。ホテルにあったフリータウン誌は忠孝新生で終わってましたが、更に路線ができた模様です。新しい路線はやはり深いところにあるので、素直に台北駅で乗り換えた方が楽かもしれません。
c0076764_2393353.jpg
光華商場には松江南京の方が近いかとも思いましたが、忠孝新生駅から八徳路を目指して歩いてすぐわかりました。
c0076764_2434095.jpg
日本橋の恵美須町を彷彿とさせます。終わりが高架になっているところも。
c0076764_244922.jpg
DVD屋、アニメ屋、ゲーム屋はそれほど有りません。
c0076764_2554437.jpg
これが光華商場の本体でしょうか。昔はもっと小さなビルでした。中の上の方には小さいお店がたくさん入っています。PCは値段が書いてないので安いかどうかわかりませんでした。您找什么?攻撃がすごいです。
c0076764_245138.jpg
裏も日本橋の雰囲気。
c0076764_2454567.jpg
c0076764_32158.jpg
電気街の裏側は大阪日本橋同様食事のできるお店がたくさんあります。日本語の表示も特にそのままでした。AVのDVD屋もありました。1枚40NTD。
c0076764_2485812.jpg
奥まった所にある光華国際電子広場はパーツ屋や計測器屋がありました。
 買ったのは口紅型のiPhoneモバイルバッテリ900NTD、iPhoneの車用ホルダー100NTD、iPadカーチャージャー100NTD、腕時計用超小型電池35NTD。

光華商場へ来たのは酒井法子のコンサートを見に台北総合体育場に来て以来だから20年振りです。それが初の海外旅行でした。あの頃は日本ではPC9801が全盛時代で、98が40万くらいした時にDOS/Vは日本では少なかったけど台湾では20万以下で買えたという時代でした。

[PR]
by arip314 | 2012-10-24 05:31 | 日記 | Comments(3)

台湾出張2回目 3日目(4)淡水

次に路線的には光華商城が行きやすいですが、淡水の日没を見ようと思いました。外は雨でしたが、天気が変わりやすそうなので晴れることを期待して。
MRTで国父記念館→台北駅→淡水
 淡水線に乗り換えて、途中なんか車内放送で言ってたと思いましたが、一本で行くはずなので大丈夫と思いました。車内の行き先表示が北投になっているのが気になりました。案の定、北投から折り返し戻ってしまいます。このことを放送していたのかと思いました。奇岩で降りてもう一度北投方面行きに乗ります。ホームには淡水の案内があるのですが、なかなか淡水行きが来ません。北投行きに乗って北投で別のホームに行き淡水行きに乗り換えて淡水に着きました。
c0076764_692042.jpg
北投から先の淡水線は空いているのかと思ったら結構混んでいました。後で考えると奇岩で淡水行きを待てばホーム移動が無くて良かったかもしれないと思いました。そのことを車内放送していたのかもしれません。北投温泉へは支線で行けるようですが、北投温泉と淡水を組み合わせてゆっくりしたいと思いましたが、祝日は混んでいるかもしれません。
 日没は17:30でしたが、夕方5時過ぎに淡水に着きました。休日のせいか淡水は混んでいました。海なし県人としては海が見えると喜んでしまいます。
c0076764_6112266.jpg
浅瀬の砂浜かと思ったら、いきなり深くなっているようです。
c0076764_631727.jpg
c0076764_6162696.jpg
デートスポットになっているようです。後ろは淡水駅。
c0076764_618836.jpg
c0076764_619281.jpg
海岸から一本中に入った通り。
c0076764_6213077.jpg
巨大ソフトクリームが有りました。夕食に差し支えると思い食べませんでした。
c0076764_623562.jpg
イカ焼きを食べました。注文時に辛くするかとか切るかとかいろいろ言う必要があります。羊肉串の香辛料がかかっていました。
c0076764_6195592.jpg
夜の淡水駅
c0076764_6215941.jpg

[PR]
by arip314 | 2012-10-23 06:26 | 日記 | Comments(0)

台湾出張2回目 3日目(3)国父記念館、IceMonster

下の動物園駅では雨が降っていました。
c0076764_6112720.jpg
このバスに乗ってきました。政大があるんですね。次に昨日聞いた国父記念館に行ってみます。
 MRTで動物園→忠孝復興→国父記念館
 と移動しました。MRTの中で動物園の動物は英語で何というかと言うクイズをやっている親子がいました。子供の頃から英語教育に熱心でした。长颈鹿とかも中国語では聞き取れなかった。英語でさっきのはとわかりました。 
 ネットで調べるとIce Monsterが永健街から引っ越したとのこと。場所が分かりませんでしたが国父記念館の隣と言うことで行きましたが、とてもアイス屋がある雰囲気ではありません。観光名所なので行ってみます。国父記念館と台北101。
c0076764_6102291.jpg
国家祝日ということで旗がいっぱいありました。記念館の中には入りませんでした。
c0076764_6231725.jpg
周りは公園になっていました。
 アイスモンスターの正確な位置を検索すると逆方向みたいです。国父記念館駅の1番出口から5分とのこと。お店は行った時がそんなに列は無かったですが、外で10人くらいの待ちでした。後からどんどんくるのでちょうどタイミングが良かったです。
c0076764_6205163.jpg
上から霧が吹いて涼しくなっていました。近くに新東陽というホテルがありパイナップケーキを売っています。有名なんでしょうか。
c0076764_61361.jpg
並んでいると噂の小さいアイスがもらえました。30分くらいして先に注文するので、ネットで調べた定番の超級マンゴーかき氷を頼みます。言葉だけで通じました。写真をみると新作も美味しそうです。ぶるぶる鳴るにをもらって席に着きます。近かったので鳴った時に届けてくれました。
c0076764_6183356.jpg
ここのマンゴーかき氷は日本のと別物です。美味しいけど1/3くらいの量で良いです。
c0076764_6214817.jpg
最後に食感が棉みたいなさっぱりかき氷を持ってきてくれましたがこれはサービスなんでしょうか。
 たかがかき氷ですが、マンゴーザクザクなのでお腹いっぱいになってしまいました。
 台北101が近そうなので行くのも手かと思いますが、行ったことがあるので、淡水に行って夕日を見ようと思いました。
[PR]
by arip314 | 2012-10-22 06:22 | 日記 | Comments(0)

知己知彼,百战不殆

知己知彼,百战不殆(zhījǐ zhībǐ bǎi zhàn bù dài)
これも発音しにくいです。
百战不殆(bǎi zhàn bù dài):经历许多次战役,都没有遭到危险。形容善于用兵。
殆(dài):<书>危险
启发(qǐfā)
[PR]
by arip314 | 2012-10-22 06:03 | 日記 | Comments(0)

台湾出張2回目 3日目(2)猫空 茶芸館

猫空で一体何をするのか分かりませんでしたが、緑の中でぶらぶらしてリラックスするようです。
c0076764_5383944.jpg
ロープウェイの猫空駅
c0076764_539594.jpg
ロープウェイの乗り場を出たところ
c0076764_5393082.jpg
c0076764_5411178.jpg
休日のせいか人がたくさん
c0076764_5414010.jpg
お昼時だったので、美味しいお茶を飲みながら美味しいご飯食べられるところを探します。麺が良いなと思いましたが、無いようなのでお茶入りチャーハンにします。4人お兄さんのお店が流行ってるようで、突入すたら没有座位。oops.
c0076764_543816.jpg
奥の別の流行ってるお店に行きます。流行り過ぎて服務員が忙しく、ノンビリお茶を飲む雰囲気ではありませんでした。料理もこの程度で何でこんなに流行ってるのか。今度は落ち着いたお店にしたいと思います。300NTDのウーロン茶は流石に美味しく残りを带走します。
c0076764_544396.jpg
c0076764_5442772.jpg
黒豚ソーセージの屋台が多かったです。
c0076764_5454150.jpg
ここまでは天気が良く暑いくらいでした。お腹いっぱいになったところで、帰りはバスにしようと思いました。安いし。乗り場が分かりませんでしたが、やっと分かったら、そこにバス停があるじゃないですかか。
c0076764_5463474.jpg
粽15を待って、乗り込む時にいくらか聞くと15NTDとのことで料金箱に入れようとすると降りる時払いとのこと。後で乗ってくる人も同じこと聞いていました。現金の他に交通カードみたいなものでも払えるようです、とううか現金の方が少ないです。乗ったバスが山の下に行くか服務員が不安でしたが、ちゃんと行きました。
c0076764_547424.jpg

[PR]
by arip314 | 2012-10-21 05:47 | 日記 | Comments(0)