<   2011年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

まいにち中国語【応用編・前期】 这个星期之内交货,就行了。

杉田先生は日本人には珍しく中国語を話します。ただ、虽然の発音が気になります。初学者にとってどこかの地方の発音なのか、中国では普通に言われている発音なのかの区別が付きません。
テキスト部分はゲストに任せてしまう方が良い気がします。

張 艶さんは久しぶりに聞きます。2004年の楊凱栄先生の応用編以来でしょうか。かなりきっちり発音されているので、基礎編向きと思います。この回は特に感じました。

可以说
对~来说 
定位
互动
编制
数目:通过单位表现出来的事物的多少
[PR]
by arip314 | 2011-04-30 23:33 | NHKラジオ中国語 | Comments(0)

ドレスデンへの旅 その2 フラウエン教会(聖母教会)

ドレスデン市内に入ったらZentrum(Central)の次はAlt stadt(Old Town)を目指します。NeuはNewと元がラテン語なので英語に似ている。
c0076764_6341755.jpg
エルベ川を渡る橋から聖母教会が見えます。手前はトラムの軌道。
c0076764_6352843.jpg
c0076764_636184.jpg
駐車場に入るところ。Ein-fahrt:場内進入。
c0076764_6405794.jpg
地下駐車場から出るとこんな感じ。
c0076764_6412051.jpg
ユーロを持っていないのでどこで両替できるか聞いたり、観光情報を聞くためツーリストセンターを目指します。奥に聖母教会(フラウエン教会)が見えるので寄ります。
c0076764_641416.jpg
聖母教会はもっと白いイメージだったのですが、こちらか見ると結構黒いです。第2次世界大戦後の写真を見るとここだけ残った事が丸窓で分かります。正面はこちら
c0076764_6542410.jpg
こちらは展望台への専用入り口。入場料は10ユーロ。入り口の係員が親切にいろいろ教えてくれます。
c0076764_6445914.jpg
中は螺旋状になっているようです。
[PR]
by arip314 | 2011-04-29 06:49 | 旅行 | Comments(0)

2011年04月11日 我是马渊亮

呉 志剛さんのゲストは久しぶりです。優しい声の感じが懐かしいです。
楊 光俊先生の日本語の「ばん」は-ngになっています。東北人の特徴かと思ったら経歴を見ると南方ですね。
我是马渊亮
渊 yuān 入門編の最初でこんな難しい漢字出さなくても良いと思うのですが。
女性に対し小姐の呼称は使わないというのが、女士が無難というのが定説かと思いました。

2011年03月29日の不谢も使わないということになっていますが、実際ほとんど聞かないです。不客气がほとんどでたまに不用谢が多かったです。
[PR]
by arip314 | 2011-04-29 06:11 | NHKラジオ中国語 | Comments(2)

ドレスデンへの旅 その1 高速道路編

週末を利用して駐在員にドレスデンへ連れて行ってもらいました。3時間くらいで行けると言うことで朝7:30にホテルを出発。
c0076764_16183973.jpg
高速をブロツワフからドレスデンへ向かいます。分岐点ではE40を目指せばベルリンとかに行ってしまわないとのこと。ヨーロッパ全体の命名はE40、ポーランドではA4という番号で4は共通らしいとのこと。
c0076764_1619594.jpg
ポーランド側のサービスエリアはこのように工事中で使えないのが多いです。あってもトイレくらいしかありませんし、定期的にあるという感じでもないです。途中ポーランドへ向かう方向が事故で大渋滞してました。事故現場の渋滞を抜けると、高速を通行止めにしたようで手前の出口から出されていました。帰りまでに渋滞解消することを祈ることに。交通量からすれば中国なら絶対3車線作っていると思います。
c0076764_16203666.jpg
国境付近、風力発電の風車が見えるところがドイツです。これだけ大規模な風力発電所は敦煌へ行く途中に見て以来です。手前の街路灯はポーランド、先がドイツです。建物は国境検査が有った頃使っていたらしいです。数年前はパスポートを見せたりしたそうですが、今はスピードを落として通過するだけです。
ドイツに入ると道路が良くなります。ポーランド側はくぼみを避けたりスピードを落とす必要がありましたが、ドイツ側は舗装がなめらかです。日本の高速の方がさらに良く整備されていると思いました。注意の看板もポーランドは少ないですが、日本並みにあり、インターの出口やパーキングエリアも距離できっちり作っているようです。トンネルも日本と似ていて違和感がありません。ポーランド語の看板は読むのに苦労しますが、ドイツ語になると英語に近く読みやすくなります。
c0076764_16393479.jpg
ドイツの道路。村に風力発電が付いている感じ。心なしか木も綺麗になったような。
c0076764_1641669.jpg
ドレスデンは4号線になり、40kmベルリンまで212kmと数字が細かい。痛んだところが良く補修されています
c0076764_16395991.jpg
太陽光発電所。
c0076764_175222.jpg
ドイツ村のようなドイツの村。普通の家も綺麗で大きい感じです。
c0076764_16401939.jpg
設計速度は120km。送電鉄塔ファンのために。
c0076764_16433396.jpg
10:00くらいに高速を降りてドレスデン市内へ向かう道。軽井沢インターを降りて軽井沢駅へ向かう道路に雰囲気似ています。ちなみに高速は無料です。
Zentrumは英語のCentralで市中心部の意味ですね。大学時代のドイツ語辞典を出してしまいました。当時の価格で3千円と高かったです。ドイツ語教科書はとってありませんでした。
[PR]
by arip314 | 2011-04-28 16:55 | 日記 | Comments(0)

ポーランド出張1回目 15日目 帰国の機内

離陸は夜9:05。席に着くとアテンダントが担当の挨拶に来てくれます。
c0076764_11546100.jpg
安定したら食事が出てこのままかと思ったら照明が落とされます。
c0076764_1181412.jpg
iPhoneで日本であまり聞かない昔取り込んだCDを音楽聞きながらうつらうつらしていました。中国出張なら中国曲でしょうが機内で聞くほど時間は無いです。隣が空いているのでエコノミーでも窮屈という感じでもないです。週の真ん中出発、帰りはその点良いのかも。気がつくとiPhoneのバッテリが1/3くらいなくなったので予備バッテリで充電。日本時間で6時頃になったのでそのまま起きようと思い、成田で睡眠薬代わりに買ったドラッカーを読んでいました。これはというのはなくてだらだら書いているという感じがしますが、確実な定理はないようなので、正直な書き方なのかと思いました。1/3くらい読んだところで疲れたので、映画を見ます。ツーリストがトップですが、どうも気楽に見る感じではありません。ガリバーを見たらアメリカン的で面白かったです。ヨーロッパへ行ってくるとヨーロッパ的な建物に実感がわきます。日本に着く3時間前くらいに朝食?が出ました。ドリンクはオレンジジュースがほとんどだったんですが、朝からビールにしてしまいました。写真は忘れました。
c0076764_1194911.jpg
シベリア上空で見た
c0076764_1201772.jpg
この格子縞は何でしょうね?
c0076764_1244549.jpg
ハバロフスク上空で方向を変えて新潟と富山の間から成田へ。
[PR]
by arip314 | 2011-04-27 01:21 | 日記 | Comments(0)

ポーランド出張1回目 15日目 帰国 フランクフルト乗り換え

2時間足らずでフランクフルト空港に到着。この空港は大きく世界で何番目という規模じゃないでしょうか。バスでターミナルまで移動します。
c0076764_23402957.jpg
中国国際航空のジャンボジェットが停まっていたりします。
c0076764_23441897.jpg
ルフトハンザはターミナル1へ着くのでANAならそのままですが、JALはシャトルでターミナル2のDへ移動します。
c0076764_2344435.jpg
JALは別の第2ターミナルDです。
c0076764_2346043.jpg
シャトルでターミナル移動。
c0076764_2347675.jpg
ここのJALカウンターでチェックイン。Webチェックインしてきたのですが、普通の搭乗券も出せるというので出してもらいました。日本語に中国語訛りが入っていたので、中国人かと思いますが聞きませんでした。
c0076764_23474183.jpg
この先に手荷物検査を通るとある搭乗口を確認して、お店を見て時間をつぶします。ポーランドに居たときはドイツの物価高いと思いましたが、フランクフルトはそれ程でもないと思いました。ラーメンなんかもありました。1000円くらい。マッサージもあります。10分19ユーロ。
c0076764_23481594.jpg
お店巡りも飽きたのでビールでも飲むことに。ここのお店のドイツ人は陽気でした。英語も上手。ビールは4.9ユーロ。フランクフルトは日本人、中国人など東洋人を結構見かけます。やはり中国語はうるさいです。手荷物検査は結構厳しかったです。搭乗ゲートはほとんど日本人。エコノミーはそんなに多くありませんでした。添乗員付きの旅行で来ている暇な日本人がいるようです。
[PR]
by arip314 | 2011-04-26 00:00 | 日記 | Comments(0)

ポーランド出張1回目 15日目 帰国 ~ブロツワフ空港

朝、ホテルをチェックアウトして会社へ行きます。お昼を食べたら空港へ向かうというスケジュールです。朝はメールのチェックと日本、中国系の対応をします。帰りのeチケットを確認しているとブルツワフからフランクフルト分が無いことに気づきました。予約メールを確認するとJAL便とは別になっていました。ローカルスタッフに頼んでチケットを印刷してもらいます。日本ではパスポートさえあればこれは使うことがありませんが、こちらのルフトハンザではこれがないとスムーズに行かないとのこと。お昼くらいまで日本や中国のメールが来てて頑張ってるなと思います。その間に、今回まとめると言っていた資料を作ります。資料作成中に仕事上のミスを発見。慌ててローカルスタッフに説明して修正してもらいます。その部分を検証しているときにもう一カ所ミスを発見。今は気づかないのですが、これをほっておくと後でクレームは必至なので気づいて良かった反面、結局自分でフォローしにまた来ないといけないかもしれないという不安が。
ポーランドで最後のお昼です。スープは相変わらず飲めます。中国だと食べられるのが3割くらいしかありませんが、ここは美味しくはないけどだめというのは無いです。でかい春巻き風のを頼んだら1本で良いのに2本もありました。1本でお腹いっぱい。
c0076764_595343.jpg
ロールキャベツ風には裏切られましたが、これは春巻きと思って大丈夫です。
後は3時の迎えまで流すかと思ったら、最初にやると言ってたのがどうなったか、ローカルスタッフに確認するとまだフォローしていないとのこと。やっといてね・・・後はレポート受け取るからそいうことにしました。そしたら、駐在員からあれはどうした?帰る前にやってね・・・げげ、慌ててやります。こんないい加減にやってと後で怒られるのは必至。
そんなこんなやってたら、3時少し前。慌てて借りた物やロッカーの鍵を返しました。ロッカーでラフな格好に着替えようと思いましたが、いそいそと手荷物にまとめました。帰りは見送りしてくれてローカルスタッフとは握手。また来月って?
空港までは日本のたんぼ道のような田舎道。道路のインフラはまだまだという感じ。途中混んでる部分もあったりしましたが、空港へ着きました。
c0076764_5114942.jpg
ブルツワフ空港は小さく、敦煌空港といい勝負。チェックインして荷物をフランクフルト経由で東京へということにしてもらいます。
手荷物検査が済んで40分くらいの待ちはビールを飲んで過ごします。ビールは9ズロチ。皆軽装で半袖も結構見かけます。自分もトレーナーに着替え。
c0076764_5134244.jpg
c0076764_5143696.jpg
外には格安航空と聞いているライアン航空機がありました。機体は新しい型と思います。ワルシャワ空港だと高いのでブルツワフだという話。乗客は歩いて飛行機に乗っています。
我々が乗る飛行機もその先にあるだけなので、歩いても行けそうですが、バスで飛行機へ。タラップは無く、ドアが階段になっているようです。
プロペラ機がフランクフルトとのピストン輸送をしているもよう。加速はプロペラ機の方が悪い気がしました。機内ではパンの間にチーズとハムを挟んだのがサービス。飲み物はオレンジジュースの人が多かったのですが、隣の人が赤ワインを頼んでいたので同じにしました。
c0076764_516853.jpg
その時は気付きませんでしたが、"Happy Easter"の文字が。ポーランドは今日月曜日はEasterで休日です。定刻通りに離陸。
[PR]
by arip314 | 2011-04-25 05:19 | 日記 | Comments(0)

ポーランド出張1回目 1日目 ポーランド・ブルツワフへ

ブルツワフへはLOT航空の100人乗りくらいのプロペラ機です。プロペラ機は初体験です。
c0076764_17211055.jpg
8:05分に定刻通りTake Off。機内放送はポーランド語とポーランド語風の英語。チーズバーガーがサービスで出ました。空港へは駐在員が迎えに来てくれていました。1時間半くらいでホテルへ。
ロビーが-1階で0階、1階となっています。ホテルの部屋は大きすぎるくらい。場所によって造りが違うようです。ブラインドの内側をロールスクリーンが降りるようになっています。それに気づかずブラインドを閉めていたら、ロールスクリーンのスイッチがあるのに気づきました。大きめのバスタブがあります。アメニティは充実していません。歯ブラシ、髭剃り、櫛は無し。シェーバー用の100Vがありました。駐車場と中庭が見えました。こちらの冬のつもりで行ったのですが意外に暖かかったです。
これからはこちらへ。
[PR]
by arip314 | 2011-04-24 09:10 | 日記 | Comments(0)

ポーランド語のレッスン

時々聞いたポーランド語が出てきます。
「こんにちは」って「ずうとるびに」似てると思いませんか?

ポーランド語1

ポーランド語が話せても・・・って感じなんですよね。
[PR]
by arip314 | 2011-04-23 21:49 | 日記 | Comments(0)

ポーランド出張1回目 1日目 フランクフルト乗り換え

フランクフルトの乗り換えが結構間違えやすいと聞いています。皆について行ってしまうと外へでてしまうとのこと。
c0076764_624331.jpg
フランクフルト空港へ着くとJAL便はターミナル2なのでルフトハンザへの乗り換えのためターミナル1を目指します。ANA便だとそのままとのこと。
c0076764_821028.jpg
フロアを下がったり上がったりしてターミナル1へのシャトル乗り場へ。
c0076764_834341.jpg
c0076764_842068.jpg
Wroclaw行きはターミナル1のB。ドイツ語表現のBreslauというのもあるので注意。
c0076764_854887.jpg
ここの廊下は人も少なく結構先まで案内がない。この先にユーロ圏へのイミグレーションがあります。暇だったのかドイツ人ハンサムにいろいろ英語で聞かれました。その後は国内移動扱い。
c0076764_862964.jpg
ルフトハンザのエコノミーで乗り換えのチェックイン。
c0076764_893058.jpg
空港内は禁煙で煙草は外で。看板には乗るLOTの案内があります。
c0076764_8101783.jpg
搭乗ゲートを確認したところでドイツビールを味わいます。2.7ユーロくらい。フランクフルトではユーロ以外使えないということで、10ユーロ用意してきました。
書店などのお店も多いです。車の宣伝が多く感じました。書店ではいろいろな趣味の本が売っています。
[PR]
by arip314 | 2011-04-23 08:22 | 日記 | Comments(0)