ふれあい運動会

去年は榛名団、今年も榛名団優勝でした。
c0076764_6553235.jpg
鼓笛で演奏したのはベルリラ。縦型の鉄琴でした。卒業なので老大の運動会は最後になります。
c0076764_6564762.jpg

雲が綺麗だったので撮ってみました。
c0076764_6575311.jpg

[PR]
by arip314 | 2008-09-29 06:57 | 日記 | Comments(6)
Commented by johny_gee at 2008-09-29 09:22
 あら!そちらでは妙義団は緑色ですか!!わたしの地元では妙義は黄色で、浅間団ではなくみかぼ団というのがありこれが緑色でした。
Commented by arip314 at 2008-09-30 01:09
けいさん、妙義の緑と赤城の赤は外せません!御荷鉾は日本人でも読めないかも。どういう意味があるんでしょうね。
Commented by johny_gee at 2008-09-30 08:56
 むむむむむっ、いやいやこっちだってみかぼの緑は譲れません。わたしは後半3年間はみかぼ団でしたし!エヘ。
 数年前に読んだ本(タイトルは失念)に、古代日本語では「み」は聖なるものをあらわす接頭辞だったというようなことが書いてありました。現在も「御」の字を当てていますし、「み」はその「み」なんでしょうね。じゃ「かぼ」はなんじゃらほいってことになりますが。
Commented by arip314 at 2008-10-01 01:18
けいさん、もみじに映える妙義山の絵札の色からすれば黄色は妥当性がありますよね。
Commented by 630叔叔 at 2008-10-28 03:27 x
藤岡市を初め、この地域で古くから象徴の山として親しまれてきた「御荷鉾山(みかぼやま)」は、オドケ山(1191m)、西御荷鉾山(1286m)、東御荷鉾山(1246m)の三峰の総称になります。「御荷鉾」とは『三株』の意で、この三山を併せて三株山(御荷鉾山)と呼んでいます。
『御荷鉾の三束雨(みかぼのさんぞくあめ)』と言う言葉で、群馬県南部から発生する雷雲の、移動の早さが表現されていて、藤岡地域ばかりでなく、伊勢崎市や前橋市を中心とする中毛地域や、太田市などの東毛地域でも知られています。
http://www.gsn.ed.jp/gakko/kou/ftyuouhs/etcetera/mikabo01.html
県立藤岡中央高等学校のサイトより

こんなん出ましたけど・・
(怪しい占い女将風)←古いギャグ
Commented by arip314 at 2008-10-31 00:10
630叔叔さん、3株から来てるんですね。そちらの山に疎いせいかどれがそうか見慣れません。藤岡に中央高校が有ったとは知りませんでした。


<< CEATEC Japan 2008 S99 「王玲の家で8」 >>