青梅竹馬

c0076764_0462387.jpg日本語2級を目指している中国の人と食事する機会があり、会話の実践をしてみました。待ち合わせの電話から中国語でしか話してくれませんでした。(terimakashiさんじゃないっつーの(^_^))
お好み焼きでも行こうかと思ってましたが、先週行ったとのことで、自助餐の店にしました。ラゾーナ川崎4Fデッキから見るビルは軍艦の様だと言っていたようですが、军舰か战斗舰と言っていたのかもしれません。
電子辞書を忘れましたが、会話は成立できました。発音はもとより語順を間違えたり言いたいことが言えなかったり。
地下鉄の恋で出てきた”青梅竹馬”を幼なじみの意味で使ったら、これは男の子と女の子の時に使うとのこと。帰ってから見ると確かに辞書にはありました。うーんムズイ。
男の人にカッコイイと言ったら拍马屁だと言われ、その人のお母さんの名字が馬でどうもそれを掛けてジョークを言っている雰囲気だったのですが、これがSCせんせーのところで出てきたテニスのサーブかと思いましたが、唖然と見送るだけした。(;_;)
麻绳菜は誰も知りませんでした。
説明が難しかったのが、ウルトラマンの「シュワッチ!」。中国で「はい」と返事する動作が似ているという説明に苦労しました。



こちらを見て思い出しました。厕所は今は使わないと聞いていたのですが、普通の年轻人に使って聞かれました。お店から一度建物の外に出て真っ直ぐ言ってまた建物に入ってそこということでしたが、うまく言えず比手划脚状態。この場合は怎么走?なのか微妙。
[PR]
by arip314 | 2007-06-01 00:00 | 日記 | Comments(2)
Commented by sc-kobe at 2007-06-10 11:01
こんにちは!
ウチのブログを紹介していただいて、ありがとうございました。
ネイティブとの実践はいい刺激になりますねー。
Commented by arip314 at 2007-06-10 12:16
SCせんせー、実践が楽しみで続けられるようなものです。今はどこにいても実践の機会は探せますね。全然日本語ができない人と話をして見たいものです。
最近、中国に直接電話したりしているのですが、一発で日本人と見破られてしまいます。ずっとは無理ですが、最初くらいでは日本人とは思わなかったと言われるというのが目標です。


<< Intermediate - ... 精神一到,何事不成 >>