トリビアの泉

週末のトリビアの泉で「○んげおおそうじ」というと「領収書を下さい」という意味というのをやっていました。
请给我收据。
收据(領収書)は始めてと思ったらなんと週末の中国語deジムの第6課の今日のキーワードに出てました。
始めて中国出張に行ったとき覚えたのが「領収書を下さい」で「请给我发票」でした。「清结账」も覚えましたが、日本では使う機会がありませんね。
上海での「領収書下さい」の漢字が思い浮かびません。破费の破でしょうか。
[PR]
by arip314 | 2007-05-15 01:36 | 日記 | Comments(5)
Commented by chinafish at 2007-05-15 06:41 x
收据=領収書でも良いのですが、厳密に言えば「发票」が税金を納めた番号と押印付きの正式な領収書で、收据は、「受取証、預かり証」ですね。会社の出張精算には「收据」ではダメだと思います。トリビアでは「門口」は出ませんでしたか?
Commented by arip at 2007-05-15 07:23 x
chinafishさん、日本語訳だけ見るとどちらも良さそうですが出張精算は「发票」なんですね。日本もレシートで良い場合と領収書が必要な場合がありましたね。「門口」はありませんでした。
Commented by durian at 2007-05-15 07:32 x
ネットで「○んげおおそうじ」が話題になってましたが、私はてっきり「请给我手机。」のことかと思ってました。
Commented by Erlang at 2007-05-15 08:02 x
実際に通じるかどうかの実験はかなり無理やりな感じでしたね。誰が言っても通じるんなら、オーディションで実験者を選ぶ必要ないし、だいたい支払いした後で何か欲しそうな顔して何か言えば、領収証に決まってますよね。相当いい加減な発音でもそれとわかってもらえるもんでしょう。
Commented by terimakasih at 2007-05-15 09:30 x
シンガポールではほとんどお勘定は、买单(埋单との説も)ですね。由来について、面白い記事があるので張っておきました。もともと広東語みたいですが、いまでは中国でも結構使われていると聞きました。


<< 鯉のぼり弁当 中国語deジム 第5課 特地来看我 >>