滲出性中耳炎

c0076764_10424050.jpg年末から耳の聞こえが悪く、耳鼻科に通っていました。ちょうどプールで耳に水が入った様な感じ。
 滲出性中耳炎ということで、薬で良くならないようなら、鼓膜を切開して液を抜く必要があると言われていました。耳抜きができない状況のようです。鼓膜を針で突っついて吸引するというような記事もありました。1ヶ月半くらいそういう状況が続きました。
 その後、良くなったり悪くなったりを繰り返しましたが、どうやら回復した様子。体の中で詰まった物が良く排出できる物だと感心します。バベルの塔の自動修復装置のように優秀ですね。
 ネットの情報を読むとダイビングをする人は気を付けないと耳を痛めることがあるとのこと。
 耳が聞こえなくなると静かになるのかと思ったら、体の中の音がうるさく聞こえたり、耳鳴りがする感じがしたりしました。聞こえるようになったときは周りの騒音に閉口しました。耳が聞こえない人は静かなところにいる感じでは無いのだと思い、普通に聞こえる有り難さを実感しました。

こちらでは、先週から梅が満開になっています。(写真)
[PR]
by arip314 | 2007-02-28 08:06 | 日記 | Comments(2)
Commented by みんみん at 2007-03-03 01:52 x
耳の調子が悪かったのですね・・・もうすっかり良くなったのですか?
鼓膜を針で突っつくなんて想像しただけでも痛いです(>_<)そういう事態にならなくてよかったですね。
私も普通に寝られなくなったり歩けなくなったりして、つくづく健康のありがたさを痛感しています。自然治癒能力も衰えているような気がするので、普段の生活から見直さないといけないと思いました。

梅の花きれいですね。ここ10年くらい梅を見ていないので、今年こそは見てみたいです。
Commented by arip314 at 2007-03-03 16:57
みんみんさん、もうほとんどOKです。こういう症状は外観からはわかりにくいですね。脳出血からのリハビリだと、もっとずっと大変なようです。

北海道には梅の木がありませんか?あと2週間くらいすれば桜が咲くとのことです。


<< 第21課 「荷物を送る ~郵便... 初级94 The Man an... >>