手作りあんぱん

c0076764_23165993.jpgお正月のあんこが余っていたので、お汁粉で食べようと思ってましたが、こちらであんパンという手があることを知り作って見ました。

パンの材料は以前何かを見て作ろうと思い買って有りました。
イースト発酵が足りなかったのか、固くなってしまいフランスあんパンになりました。でも、自家製は味が格別!
今度はふっくらしたいのを作りたいと言ったら、汚れ物が増えるだけ・・・と言われてしまいました。
食パンにあんバターというのがお手軽だったかも。
[PR]
by arip314 | 2007-01-22 23:20 | 日記 | Comments(4)
Commented by rokoko at 2007-01-24 22:56 x
aripsan,你让我好找啊~~。こんばんは。
本当に作ってくださってたんですね。感激です!
ちょっとあんこが顔を出してるところはご愛嬌ですよね。ふふ。
手作りのパンは出来立てが楽しみですよね~。とてもいい焼具合だったのに硬かったんですか?私は焼いてるときにもオーブンを開けて霧吹きで水分を補充したりしてます。
また頑張って作りましょうね。
Commented by arip314 at 2007-01-25 00:53
rokokosan,欢迎欢迎。ネットサーフィンしてたり、伊藤家の食卓を見て何か作ろうと思うことはあります。パンの材料も伊藤家で用意したような気がしますが、ほってました。
飛び出したあんこが焼けるのが香ばしい香りがします。多少固くても手作りは良いですね。本には分量をちゃんと量ってさえいれば失敗しないと書いてあったんですけどね。
かかる時間の目安ができたので、今度は食事時に間に合わせるように作りたいと思います。
Commented by 630叔叔 at 2007-01-25 23:59 x
タマゴをといて、丸めたパン生地の表面に塗って焼くと、つやつやのつやがでますよ。
発酵がうまくいかないときは少し暖かいところで発酵させるのも手だと思います。二度目の発酵が決め手かもね。
アンの温度も関係してそうな気がします。
理系ですから、いろんな条件でやってみて、記録をとってやってみよう!
Commented by arip314 at 2007-01-26 01:28
630叔叔さん、照りを出す方法は本に書いてありました。温度もかけたんですけどね。
そば打ちも10年かかるとか言われているので、パンも難しいのかもしれません。


<< 第三課 いじめても、いじめられ... 第15課 「商談 ~工場で~」 >>