初ビデオ編集

ビデオ編集に挑戦してみました。
c0076764_22331364.jpg桂林でHDR-HC3で撮ってきたDVテープが3本ありましたが、編集していませんでした。というのは、我が家にDVDの書き込み装置が無かったからです。DVDレコーダを使うという手はありますが。
IOデータのこちらのドライブDVRP-UN8PL2を購入し、ビデオ編集に初挑戦しました。
 カメラからの取り込みはDVになりますが、丸ごと取り込みが楽だったWindowsムービーメーカー。PCに最初から入っていたWinDVD Creator2を使うと、コンピュータの最高画質にしてもなぜか取り込み画質が悪い気がしました。ファイルサイズも小さいし。ムービーメーカーで取り込むと60分が12GBくらいになります。HDDのフォーマットがFAT32だと4GBで切られてしまい、NTFSにフォーマットし直しました。
 編集はWinDVD Creatorが直感的に操作できました。画像をシーン分割し180分を60分にしていきます。結構面倒な作業です。自動分割の中をさらに細かくしようとすると面倒なので、大体自動分割のシーンで要不要で分けました。タイトルを入れ、チャプターの分割を100以下にしてDVDに焼くことができました。
 本当はHDのまま編集してDVテープに書き戻すのが良いのでしょうが、まだ方法がわかりません。ドライブにDVD MovieWriter 5が付いました。取り込みはMPEG2のままできるようですが、編集がわかりにくいです。
[PR]
by arip314 | 2007-01-15 07:11 | 日記 | Comments(2)
Commented by Erlang at 2007-01-15 23:52 x
ハイビジョン解像度のまま編集するには、HD対応の編集ソフトを使うことが必要です。例えば、UleadのVideoStudio10とか、Adebe Premiere Elements 3.0 とかが、割と入門向けのメジャーどころでしょうか。どちらも体験版がダウンロードできます。あ、DVD MovieWriter 5 もHD対応なんですね。私はそれらのどれでもないのを使っているので、実は詳しいことは知りません。
WinDVD Creator も、使ったこと無いので正確ではないかもしれませんが、おそらくMPEGでキャプチャした映像をDVDにするのが主目的なので、DVカメラで撮ったものを取り込むときもそのままMPEGにしてしまうのではないでしょうか。60分で12Gバイト余りになるのが、テープに入っている情報をまるごと取り込めている場合です。
DV形式で持ってきた動画をできるだけきれいにMPEG圧縮してDVDにするには、DVのまま編集後、TMPGEncのようなエンコーダでエンコードしてからDVDにするのがよいのですが、まあちょっとマニア向けでしょうか。
一方ハイビジョンのまま編集する場合は、もとがMPEGなのと、それでもデータ量が膨大なのとで、また色々と面倒があります。
まあこのへん一度に説明するのは無理なので、ぼちぼちやってみてください。
Commented by arip314 at 2007-01-16 08:18
Erlangさん、60分で12Gバイトというのが参考になります。ムービーメーカーで取り込んでも画質は損なわれていないということなんでしょうかね。元のテープをDVで取り込むかiLINKで取り込むかは画質の違いには影響しないのでしょうか。
ぼちぼちやってみます。


<< 小常识①山楂 初级86 Basketball >>