漢字3千年展@高崎シティーギャラリー

高崎シティーギャラリーの漢字3千年展に行って来ました。まだまだと思ってましたが、明日が最終日です。入場料が高いと思ってましたが、見ごたえ十分でした。日本各地を回って高崎が最後になるようです。
c0076764_06291909.jpg
c0076764_06302046.jpg
作者の印が刻まれた兵馬俑。兵馬俑博物館からいくつか海外に出ているうちの1つが高崎に来ているってことですね。
c0076764_06303582.jpg
青銅器に刻まれている漢字にあまり注意して見ていなかったです。「宝」は旧字体の方が大事なものっぽい感じがしました。青銅器には子子孫孫宝にするようにと記されていることが多いです。青銅器は作られた時は金色というのを知りませんでした。
漢字の成り立ちで「旅」が軍隊の移動の様子だったり、「幸」の由来とか面白かったです。
王義之の書いた字はやはり圧巻です。書のコーナーは最後だったので飛ばし気味に見てグッズ販売を見る時間が取れませんでした。
[PR]
by arip314 | 2017-09-09 18:27 | 日記 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2017-09-13 21:41
arip314さんへ
兵馬俑博物館は増加し続ける観光客と
文化財の保存という矛盾した事態に
入場券のネット予約制度を開始したそうです
今後は個人で兵馬俑を訪問する場合、事前の
予約が必要です。
Commented by arip314 at 2017-09-13 23:02
おっさんさん、情報ありがとうございます。敦煌の莫高窟と同じような感じなんですね。


<< 家族全員揃いました 戸塚ぶらぶら >>