エクスクラウド(EX-CLOUD)のVPSにRedmine3を入れる

SSHのコマンドラインでの操作はサポート外になってしまうようですが、Redmine3を入れてみます。Raspberry PiのOS Raspbianはubuntu系のようでしたがEX-CLOUDでPleskありの場合はCentOS 6になります。installのコマンドが異なるようです。
EX-CLOUDでつくるRedmineサーバ(前編)
EX-CLOUDでつくるRedmineサーバ(後編)
という記事がありますが、RasPiの時とかなり違っています。

「インストールが無事に完了したらブラウザでアクセスして初期設定を行います。」と有りますが、Redmineへのアクセス方法のURLの記載もなくハードルが高いです。

Redmine 3.2をCentOS 7.1にインストールする手順
を参考にします。EX-CLOUDのSSH画面での操作はRasPiとは違いサクサク動きます。

・nanoエディタを入れる
 sudo yum install nano
・RubyとPassengerのビルドに必要なヘッダファイルなどのインストール
 sudo yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel libffi-devel
・ImageMagickとヘッダファイル・日本語フォントのインストール
 sudo yum -y install ImageMagick ImageMagick-devel ipa-pgothic-fonts
・MySQLの設定
 MySQLは組み込まれていて絵文字対応したいと思いましたが、"utf8mb4"に対応するにはMySQL 5.5以上で組み込まれていたのはMySQL 5.1でした。MySQLのバージョンアップがうまくできなかったので文字コードを"utf8"にしました。

 sudo su
 mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow`;
 CREATE DATABASE redmine_default CHARACTER SET utf8;
 SELECT host,user FROM mysql.user;
 sudo chown apache:apache /var/www/redmine
 sudo yum -y groupinstall "Development Tools"

 sudo svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/3.3-stable /var/www/redmine
 sudo nano /var/www/redmine/config/database.yml
 sudo nano /var/www/redmine/config/configuration.yml
 cd /var/www/redmine/
 find | sudo xargs chown apache:apache
 sudo gem install bundler --no-rdoc --no-ri
VPS-Plesk環境で操作に必要なコマンド
ruby -v
ruby 1.8.7 (2013-06-27 patchlevel 374) [x86_64-linux]
と低かったので上げました。
ruby 2.3.1をCentOS7に導入する。
 sudo /root/.rbenv/shims/ruby -v
 sudo nano /etc/profile.d/rbenv.sh
 sudo nano ~/.bash_profile

 cd /var/www/redmine/
 sudo su
 # gem install bundler --no-rdoc --no-ri
 # bundle install --without development test postgresql sqlite
 sudo yum install mysql-devel
 # gem install mysql2 -v error
 bundle exec rake generate_secret_token
 RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
 RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:load_default_data
 # mysql_config --socket
 /var/lib/mysql/mysql.sock
 passenger-install-apache2-module
 yum install httpd-devel
 /etc/init.d/httpd configtest
 /etc/init.d/httpd restart
 /etc/sysconfig/vncservers
CentOS に Ruby をインストールする

Redmineが入ったらhttpdとnginxを停止してWebrickで動作させます。
・コントロールパネルのシステム→サービスでhttpdとnginxを停止する。
・下記コマンドでwebrickで80ポートで公開します。
 # bundle exec rails server webrick -d -e production -b xxx.xxx.xxx.xxx -p80

パソコンからhttp://xxx.xxx.xxx.xxx/でRedmine画面が表示される。
c0076764_14295846.jpg


この後、apacheでRedmineを公開できれば良いのですが設定がわからずうまく行きませんでした。下記コマンドでwebrick常駐モード(-d)で80ポートで公開してSSHを閉じてもRedmineが使えてます。
 # bundle exec rails server webrick -d -e production -b xxx.xxx.xxx.xxx -p80

MySQLの設定をPleskで確認
Plesk Panelのツールと設定→データベースサーバーのMySQL右の工具マークを押すとバージョンや作成したデータベースが確認できます。
[PR]
by arip314 | 2017-03-28 08:56 | 日記 | Comments(0)


<< カナダからの家族と会食会 エクスクラウド(EX-CLOU... >>