エクスクラウド(EX-CLOUD)のVPSを使ってみた

さくらVPSが無料お試しできるかわからないのでEX-CloudのクラウドVPSを試しました。

・EX-CLOUDのページからクラウドVPSを選びます。
・14日間無料お試し!を押します。
c0076764_1184095.png
 「クラウドVPSのお試しプランは14日間経過後、自動的にサービス終了となります。」とあり安心して試せます。
・VPS-SSD1無料お試しとPleskつき無料お試しが選べます。
c0076764_11102928.jpg

 Pleskが何かわからなかったのでお試しでPleskつきにしてみました。PleskつきはOSがCentOS6固定のようです。VPS-SSD1無料お試しはCentOS 6,7,Ubuntu 14,16から選べるようです。
 このあとユーザー登録し以下の開通メールが来ればOKです。30分くらいで使えるようになりました。
 アカウント登録完了のお知らせ
 サービス開始のお知らせ … これにコントロールパネル(Parallels Panel)へのログイン方法が書いてあり、Plesk PanelやSSH接続の情報入手方法があります。

SSHで操作する場合以下の注意がありました。
・SSH接続時のコマンド操作はサポート対象外
・コマンドによる操作ではPlesk画面と実際の設定に差異が出る場合があるので、基本設定はPleskで行う

Parallels Panel
・バックアップ
 サーバーはいつでも初期状態に戻せるのかと思いましたが、そうではないようなので最初にバックアップを取っておいた方が良いかもしれません。
PleskPanelのウェブサイトとドメイン→バックアップマネージャでバックアップが取れるようです。
・rootファイル
 システム→ファイルマネージャーでrootのファイルを見ることができます。
・サーバー再起動は以下のように操作すると良いようです。
 ホーム→サーバ管理→サーバー停止
 システム→サマリ→サーバー再開

エクスクラウドの設定
いくつかセキュリティ設定をしました。
・SSHの制限
 Plesk Panelのツール→ファイアウォールルール→SSH (セキュアシェル)サーバ
  特定IPからの着信を 許可 しました。本当は鍵認証にする方が良いのかもしれません。
[PR]
by arip314 | 2017-03-27 08:55 | 日記 | Comments(0)


<< エクスクラウド(EX-CLOU... さくらVPS2週間無料お試しっ... >>