Raspberry Pi3 (14) RaspberryでRedMine3を使う

Raspberry Pi3 (11) RedMineを入れてみるで入れたのはRedmine version 2.5.2になっていました。
Redmine 3以降はレスポンシブレイアウトによるスマートフォン対応が入ったのでRedmine 3.3を入れてみます。

前回は
Ubuntu 16.04(またはRaspbian)にRedmineをインストールする
でうまく行きませんでしたが、少し経験を積んでできるようになりました。

Debianパッケージの更新
sudo apt-get update

日本語環境の設定
sudo apt-get install fonts-takao ibus-mozc

必要なパッケージのインストール
sudo apt-get install ruby-dev ruby bundler
sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-passenger
sudo apt-get install imagemagick libmagick++-dev
sudo apt-get install git subversion
sudo apt-get install mysql-server libmysqlclient-dev
 途中でMySQLのパスワードを設定する。
c0076764_10161414.jpg


MySQLの設定変更(絵文字が使えるように文字コードutf8mb4設定)
sudo nano /etc/mysql/conf.d/redmine.cnf
pi@raspberrypi:~ $ cat /etc/mysql/conf.d/redmine.cnf
[mysqld]
innodb_file_format = Barracuda
innodb_file_per_table = 1
innodb_large_prefix
character-set-server = utf8mb4
skip-character-set-client-handshake
collation-server = utf8mb4_general_ci
init-connect = SET NAMES utf8mb4
c0076764_1632049.png
[mysql]
default-character-set = utf8mb4

[client]
default-character-set = utf8mb4

[mysqldump]
default-character-set = utf8mb4

文字コードにutf8mb4を使うと絵文字が使えます。

sudo service mysql restart

Redmine用データベースの作成
dbとuser名はRaspberry Pi3 (11) RedMineを入れてみるで作成されると思われるredmine_defaultにしています。
mysql -u root -p
MySQLのパスワードを入れます。
mysql> CREATE DATABASE redmine_default CHARACTER SET utf8mb4;
mysql> CREATE USER 'redmine_default'@'localhost' IDENTIFIED BY 'your_password';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON redmine_default.* TO 'redmine_default'@'localhost';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> quit;

旧データのdumpがある場合、データベースの引継
 旧データをUSBメモリ経由でコピーのためリモートデスクトップ(RDP)を使えるようにする。
 sudo apt-get install xrdp
 TeratermのSCP機能でファイル転送する方が楽でした。
c0076764_10395672.jpg
ファイルをTeratermでにドロップしてSCPを押すだけです。 backup_redmine_default.dump:引越し元のMySQLのdumpファイル
 mysql -u redmine_default -p redmine_default < backup_redmine_default.dump
 Redmine構築後のDBの文字コードをutf8mb4に変換して絵文字に対応する
 に従って文字コード変換用スクリプトを作成して実行する。
 MYSQL_DB=redmine_default
 MYSQL_USER=redmine_default
 MYSQL_PASS=password
 CONVERT_SCRIPT_FILE=convert_script
 スクリプト作成、スクリプトの実行

Redmineのダウンロード
sudo mkdir -p /var/www/redmine
sudo chown www-data:www-data /var/www/redmine
sudo -u www-data svn co http://svn.redmine.org/redmine/branches/3.3-stable /var/www/redmine

Redmineの設定ファイルを作成
sudo nano /var/www/redmine/config/database.yml
production:
adapter: mysql2
host: localhost
# Redmine用のMySQLデータベース名
database: redmine_default
# Redmine用のMySQLユーザ名
username: redmine_default
# Redmine用のMySQLパスワード
password: yourpassword
encoding: utf8mb4
socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock
sudo nano /var/www/redmine/config/configuration.yml
production:
email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
address: smtp.example.jp
port: 25
domain: redmine.example.jp
enable_starttls_auto: false
メールは設定しません。

utf8mb4を使う場合下記ファイルを作る
sudo nano /var/www/redmine/config/initializers/utf8mb4.rb
内容はActiveRecordをutf8mb4で動かすのjtakahashi0604さんのalias_method_chainがRails 5から非推奨になっているため、
prependを使ったというコメントに記載されたのを使いました。
module InnodbRowFormat
def create_table(table_name, options = {})
table_options = options.merge(options: 'ENGINE=InnoDB ROW_FORMAT=DYNAMIC')
super(table_name, table_options) do |td|
yield td if block_given?
end
end
end

ActiveSupport.on_load :active_record do
module ActiveRecord::ConnectionAdapters
class AbstractMysqlAdapter
prepend InnodbRowFormat
end
end
end

Redmine添付ファイルのリストア(ある場合)
添付ファイルを、redmineインストールディレクトリの中のfilesディレクトリに展開します。
 元々tar czvf redline-file.tar.gz /var/lib/redmine/default/files/でバックアップしたとする。
SCPで添付ファイルのバックアップをコピーtarで復元し移動。
tar xvzf redmine-files.tar.gz
sudo mv var/lib/redmine/default/files /var/www/redmine/
rm -r var/

Redmineの初期設定
cd /var/www/redmine/
find | sudo xargs chown www-data:www-data
sudo -u www-data bundle install -j$(nproc) --without development test postgresql sqlite --path vendor/bundle
 Could not load OpenSSL.エラーが出た場合は下記でうまく行きました。
 sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev
sudo -u www-data bundle exec rake generate_secret_token
sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
sudo -u www-data RAILS_ENV=production REDMINE_LANG=ja bundle exec rake redmine:load_default_data

Redmineの動作確認(webrick利用)
sudo bundle exec rails server webrick -e production -b 192.168.x.xx
192.168.x.xx:3000でアクセスして
adminでログインして管理→情報
Redmine version 3.3.2.stable.16427

Apacheの設定
Ubuntu 16.04(またはRaspbian)にRedmineをインストールすると少し異なります。
sudo nano /etc/apache2/mods-available/passenger.conf
 下記2行追加
PassengerDefaultUser www-data
RailsBaseURI /redmine

sudo nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
 下記1行変更
ServerAdmin redmine_default@localhost

Webサイトの設定
sudo ln -s /var/www/redmine/public /var/www/html/redmine
sudo service apache2 restart
[PR]
by arip314 | 2017-03-16 14:28 | ガジェット | Comments(0)


<< Yamada WiFiのグロー... 子供のアパート探し >>