Raspberry Pi3 (10) Windows 10 IoT Core

今まではRaspbianをOSにしていましたが、Windows 10 IoT Coreというのも使えるようでやってみました。キーボードやHDMIは無く、RasPiとPCはLAN(WiMAXモバイルルーターWM3800R)で接続してやってみました。

ラズパイにWindows 10 IoT Coreをインストールしてアプリを動かすまで。(2016年6月)
「Raspberry Pi3 Model B」で遊んでみよう! Part4 ~Windows 10 IoT Coreに挑戦!

を参考にします。

・「Windows 10 IoT Core Dashboard」をPCにダウンロードしてインストール
Windows デベロッパー センターにアクセスしGet Startedをクリック
1.Select your hardware - RPi3
2.Select your installation media - Install onto my blank microSD card
3.Select your OS version - Windows 10 IoT Core
4.Continue the setup process by getting the tools and instructions you'll need to get up and running.
c0076764_1452165.jpg

・「IoT Dashboard」を起動して新しいデバイスのセットアップ
PCにSDカードを入れパスワードを入れて「ソフトウェアライセンス条項に同意する」チェックを入れ「ダウンロードとインストール」を押す。SDカードにOSを焼くことになる。
c0076764_1461968.jpg

c0076764_1474851.jpg
・SDカードが準備できたら、LANをRasPiにさして起動し数分待つと自分のデバイスが表示される。
c0076764_1485450.jpg
HDMIディスプレイがあれば途中経過を表示しているのかもしれません。RasPiのIPはルーターのDHCPのものです。
c0076764_1493935.jpg
 自分のデバイスをダブルクリックすると設定ができるもよう
c0076764_14103092.jpg
 右クリックするとDevice PortalやPower Shellで開ける

 Device Portalはhttp:192.168.0.6:8080/を入力したのと同じ。
c0076764_1412093.jpg
 Power Shellはコマンドラインのようなものでした。

 初期起動状態でのログインアカウントは
 ◦ID: 「administrator」
 ◦PW: 「p@ssw0rd」

「IoT Dashboard」で「サンプルを試す」の「インターネットラジオ」をやってみました。
192.168.0.6:8080のブラウザ上で操作画面が出ました。
c0076764_14141343.jpg
スピーカーが×になっていて音を出すことはできませんでした。
[PR]
by arip314 | 2017-02-20 12:56 | ガジェット | Comments(0)


<< テレサ・テン - 雨夜花 Raspberry Pi3 (... >>