Raspberry Pi3 (3) リモートデスクトップ(RDP)の設定と無線LANの設定

WindowsでRaspberry Piをリモートデスクトップ(RDP)接続するためxrdpサービスをインストールします。
・sudo apt-get install xrdp

2017-01-11-raspbian-jessie-lite
はこれでPCからRDP接続できました。

2017-01-11-raspbian-jessie
はログイン時にメッセージが表示され、Raspberry Pi にRDP接続できませんでした。

■トラブルシューティング
Raspberry Pi に RDP で接続できないときの対処
で対策できました。

xrdpインストールに関してはこちらも参考になります。
RaspberryPiでWindowsからリモートデスクトップ接続を行う
xrdpはバックエンドでvncを使用しているとのこと。

ラズパイ2(Raspberry Pi 2)とWindows10のリモートデスクトップ

Raspberry Pi 3 (Raspbian Jessie)の無線LANに固定IPアドレスを設定する
「画面の大きさ変更」をすれば、WindowsのPrtscキーでハードコピーが取れるようになりました。
日本語入力に関して設定があるようですが、今のところ気になっていないのでしていません。

c0076764_13443217.jpg
640*480で接続
c0076764_13475589.jpg
ユーザーネームとパスワードを入力
c0076764_1351791.jpg
raspbian-jessie-liteはあまりRDPで接続する意味がありません。Teratermがあるならその方が画面が見やすいです。

Raspberry Pi3には無線LANが入っているので設定してみます。
GUIが使える場合はbluetoothアイコンの右横のLANアイコンから設定します。

■無線LANの設定
・dhcpcd.confにネットワーク情報を追記する。エディタはLaspberrypiに入っているnanoを使った。
sudo sh -c 'wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
SSIDとPASSPHRASEを自身の無線ルータ等の設定にする。
・sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイル内では、生パスワードがコメントアウトで記載されているので、確認してから削除。
・再起動後無線LAN接続を確認

次は画面キャプチャーをやってみます。
[PR]
by arip314 | 2017-02-06 08:58 | ガジェット | Comments(0)


<< Raspberry Pi3 (... サピエンス全史 下 資本主義の... >>