台湾料理 福ちゃん食堂 その2

いろいろ行ってると台湾料理 福ちゃん食堂 台湾ラーメンシリーズ⑩がよく分からなくなったのでもう一度行って来ました。駐車場は停めやすいです。
お店に入ると割り箸とおしぼり、空のコップが出てきました。リサイクル箸が無いのは減点。今回は台湾ラーメン単品ではなくかつ丼セットにしてみました。この時「台湾面」を中国語で言ってみました。グランドメニューを見ると台湾ラーメン380円と記載があったので、前回勘違いか会計違いかでした。挽肉の豚が少ないです。厨师は2人いるようです。
c0076764_10594011.jpg
台湾ラーメン+かつ丼ランチ680円+税20円、サービスドリンクのアイスコーヒー。盛り付けは前回に劣ります。品質が不安定かもしれません。
座席はカウンター5×2、相席8×2、イス4×3、2×3、座敷8×1、丸テーブルは有りません。12:30頃入店し10人くらい先客がいてその後10人くらい入れ替えがありました。流行っているようです。

コップ○空で冷水ポット
箸×割り箸
ティッシュ○
呼び鈴○中国製
テレビ○中国製

ランチはドリンクサービスで、ソフトドリンクは機械のそばにコップがあり自分で入れるようです。注文時に特に説明は有りませんでした。お年寄りがホットコーヒーが欲しいということで、ホットコーヒーの機械の電気を入れていました。なかなか臨機応変で宜しいです。

ランチのかつ丼もがっつりあり、食べ過ぎました。自分にはラーメン単品で十分です。会計の時に覚えていてくれたのか你是中国人吗?と聞かれました。ちょっと中国語を使うと覚えられるようです。

福ちゃん食堂は台湾料理にしては日本っぽい名前と思いましたが、他にもお店がありチェーン店かもしれません。
[PR]
by arip314 | 2016-12-06 15:56 | 日記 | Comments(0)


<< 台湾料理 福味居(ふうみ) その2 中国語会話クラブ 12月1回目 >>