Teaの由来が中国語だった

Teaは純粋に英語と思っていましたが、シンガポールの白い「肉骨茶」(バクテー)を見てバが福建語で肉とありました。teは茶になるということで似てると思いました。ググるとTeaの語源とのこと。


「茶」の語源


フランス語も英語と似ていてteのようですね。
「肉骨茶」(バクテー)はシンガポール旅行で飲みました。
[PR]
by arip314 | 2016-09-11 16:55 | 日記 | Comments(4)
Commented by p3-saito at 2016-09-12 18:25
あぁ、こっちにも調べる時間が…。後日m(_ _)mスマソ
Commented by durian at 2016-09-13 03:10 x
まあ、肉骨茶がバクテですからね。
福建語では茶がTeでしょう。
Commented by p3-saito at 2016-09-13 17:17
(teaの語源が中国語は見知ってた鴨)
茶がフランス語でte…
ん?!フランス語はテと発音するけど何だか違和感(即気づかず)。
さっき(ネット辞書でなく^^;)愛用のコンパクトな辞書引まで
脳裡に浮かばなかった自分がハゲしく恥ずかすぃ。orz
フランス語の(紅)茶はthéで、(hは読まず)発音記号はte(テ)。
↑teだと発音はトゥで、意味は(目的語2人称単数)君(キミ)。
これで超基本単語のthéを一生忘れない私ですたょ。
Commented by arip314 at 2016-09-14 09:53
durianさん、お久しぶりです。茶はchaしか思い浮かばなかったので英語の語源とは思いませんでした。日本にはchaから北方音が入って、欧州は福建語から伝わったとは面白いです。日本でもテの名残が沖縄とかどこかにあるかもしれません。

Saitoさん、調査ありがとうございます。theで発音記号がteなんですね。teは2人称単数でトゥと発音するのはイタリア語のtuと似ています。イタリア語は綴り通りの発音。


<< 中華居酒屋らいち オレンジレンジ 以心伝心と王心... >>