道普請と稲荷神社祭典

地区で道普請(みちぶしん)がありました。以前は本当に道路の砂利を治したりしていたようですが、今は地区の道路清掃という感じでやっています。

その後、有志で去年ペンキを塗り直した稲荷神社の祭典が有りました。だんだん長老がいなくなり今年は相方に灯篭の字を書いてもらいました。
c0076764_16252935.jpg
参考にした去年の写真です。中央に御神灯、左に4月吉日
c0076764_16254628.jpg
右に氏子中と書くようです。
「おんべろ」が無かった気がします。標準語では幣束と言うらしいです。こちらのお屋敷祭りの作法が近いようです。秋にはお屋敷祭りもやります。
屋敷祭り2014

お酒で四方を清めてお手のこぼで赤飯をいただきます。
その後、宴会になりますが、依然と違ってお酒を飲む人が少ないです。こういう隣保班(隣組) 活動を止めた地区も多いらしいですが、続けられる限りは続ける方が良いというような話をしました。
[PR]
by arip314 | 2016-04-10 21:44 | 日記 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2016-04-30 15:34
地域の付き合いがどんどんなくなっているようですね
プライバシーとか、面倒くさいとか、日本人、日本の良さがどんどん少なくなった気がします。
地域活動気張ってください。
Commented by arip314 at 2016-05-03 11:14
おっさんさん、なくならないように続けたいと思います。


<< 高崎中国語会話クラブ 第1回 テレビで中国語 第1課 你好 >>