早期リタイアについて考える

ここのところ早期リタイアについて考えています。家庭内では主夫になると言ってましたが、2月11日あたりからまじめにそれもありかなと考えるようになり、20日の週末は家族や近しい人に相談しましたが特に反対はなさそうな感じです。
月曜はただでさえ仕事に行くのが嫌なのに切り出すのは気が滅入るので、週の真ん中にすることにします。
[PR]
by arip314 | 2016-02-22 22:41 | 日記 | Comments(3)
Commented by minamihorie at 2016-03-01 11:18
arip314さん
リタイアはいつでもできますよ
嫌な仕事でも、辞めてしまったらもとに戻れませんよ。
真に失礼ながら、給与以外の収入が十分おありなら、
それもありですが
私の経験からで申し訳ありませんが、リタイアしたら
毎日お金が必要です
家でじっとしてられません
習い事に行ったり、フィットネスクラブへ行ったり
映画見に行ったり、すべてお金がかかります。

2日ほど前の新聞で
団塊の世代がリタイアしたら、書店で本が売れなくなった
なぜか、みんなお金節約のため、図書館へ行くから。
という記事が出ていました。
実際、私も、図書館で爺さん同士が、日経新聞取り合いして
険悪な雰囲気になったのを見ています。
そんな年寄りになりたくないですね。
あせらず、あわてず、じっくり検討されることをお勧めします
Commented by p3-saito at 2016-03-01 17:48
ふむふむ(話にすぐ便乗する私…^_^;)
(これまでと)生活(の仕方)が(全く)変わるので、支出のコントロールはなかなか大変ですょね。
(我家は完全現金主義で家も父が定年後に退職金で建てローン一切無しだったけど)維持費モネ。
Commented by arip314 at 2016-03-02 05:28
おっさんさん、いろいろ助言ありがとうございます。収入はなくなります。相方が働いていますが、家の年収は半分以下になります。
リタイアに前向きな記事ばかり読んでいたせいもあるかもしれません。じっくり考えると現状維持になってしまうので、踏み出してみることにします。

Saitoさん、母の分も含め支出コントロールをしなければと思います。家は建ててローンは完済しています。退職金と維持費をどうするかは課題ですね。


<< 怡达山楂雪丽球 怡达山楂雪丽球 >>