熱闘!百人一首

このところ中学生の子供が学校で大会があるというので時間のある時は午後9:00くらいから一家で2回くらいやっています。
かつては自分が圧倒的にとれましたが、今は高校生の子が一番です。他全員の分を足しても勝てない時があります。
高校生の子は並べながら上の句と対比させて場所を覚えていくようです。自分は下の句から上の句が出るのが少ないので札が少なくなると不利です。中学生の子にも負けるようになってしまいました。

今の札の欠点は照明が反射して見難いところです。照明を間接気味に調整しています。読み札は一回も使わず、DSiに朗読させています。
[PR]
by arip314 | 2016-01-23 23:22 | 日記 | Comments(5)
Commented by wenniao at 2016-01-24 15:59
小学校のころ暗記させられたことを懐かしく思い出します。思えば記憶力盛んな頃100種覚えさせられてよかったなと(笑)
あの頃はただの文字の羅列に見えた句も、大人になった今大変深い想いの詰まった作品なのだと改めていろいろと本を読みなおしています。
思えばゲームとしてはなかなかハイセンス。上の句を読んでいるうちに下の句を連想してそれを探すんですものね!やりたくてもつきあってくれる読み手がいないのでホント、ソフトは便利だわ。
Commented by minamihorie at 2016-01-24 22:09
勉強は先ずは暗記ですね。
いい父親していらっしゃいますね。
(わがみよにふるながめせしまに)
なんと優雅な遊びでしょうか
Commented by arip314 at 2016-01-25 20:52
wenniaoさん、こちらでは小学生は上毛かるたですね。自分の家では子供の頃正月に親戚でやってました。知ってる札を待ってて取ってました。子供はほとんど覚えているのでハイレベルです。学校にはもっと強い人がいるとか。

おっさんさん、暗記では中高生にかないませんね。それは小野小町ですね。いい父親ではないと思いますが、大学生の子供がいるようになるとは思いませんでした。
Commented by YOKO at 2016-01-27 11:36 x
家族でカルタ大会ステキですね。わたくしも、ここ数年はお正月に上毛かるたやってまヨ。鶴舞う形~とか、よのちりあらう~とか。百人一首は大人になってからやる機会がなくて残念です。
Commented by arip314 at 2016-01-30 10:13
YOKOさん、「熱闘!ベルばらかるた」にインスパイアインスパイアされました。毎晩つき合わされますが中学生の子供と1対1で20枚くらい差をつけられています。
「熱闘!ベルばらかるた」のアゴダシお雑煮おいしそうですね。


<< 佐久スキーガーデンパラダへ行った 雪と高速道 >>