Transcend ドラレコ DrivePro 200 / TS16GDP200M-J買いました

Sienta用にTranscend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 DrivePro 200 吸盤タイプのマウント付属 / TS16GDP200M-J
を買いました。Freedに付けたYupitel DRY-mini1は子供が運転するのに最初は有った方が良いのではということで、新規に購入しました。
イエローハットで見たりしましたが、良さそうなのが分からないので、Amazonで評判が良さそうなのにしました。DrivePro 200にしました。トヨタ車でフロントガラスに黒いボツボツの日よけがあると吸盤は付かないとのことなので貼り付けタイプのマウントとシガーソケットを塞ぎたくないのとシガーソケットを経由すると接触が心配なのでYupitel DRY-mini1で使っていた直に配線できるタイプを買いました。車屋さんに付けてもらうつもりです。吸盤マウントは不要ですが、無い方が高いです。

・T字マウント用ブラケット(3M接着テープ式)/ドライブレコーダー HP h210,310対応
・ユピテル(YUPITERU) USB電源直結コード(約4m) OP-E755

思ったより大きかったです。使って画質に問題ないならDRY-mini1の方がコンパクトで良いかも。
c0076764_10425585.jpg

T字マウントはDRY-mini1と共通かと思ったら大きくDRY-mini1には付きません。付属の吸盤マウントはスムーズに入りますが、粘着T字マウントはちょっときついです。削った方のレビューがありましたが、そうかもです。680円と純正に比べ安いですが小さく十分です。

c0076764_10533725.jpg
Sientaに取り付けたところです。運転席から見てルームミラーに隠れる位置です。レーダー系のセンサー部が巨大でカメラの視界に入ってしまいますが、外すようにするとルームミラーに隠れなく視界の邪魔なので止むを得ません。

DrivePro 200は最初Mini USBのケーブルで接続して電源が入らなかったので初期不良かと思いましたが、USBケーブルを変えたら電源が入りました。
c0076764_104945100.jpg
シガーソケットアダプタは付属品(左)はケーブルも太くごつく、ユピテル(右)の方がスマートです。電源容量はユピテル5V/800mAに対して5V/1Aとそれほど変わりません。DRY-mini1は実効200mAくらいです。

シガーソケットアダプタは使わずUSB電源直結コード(約4m) OP-E755を使うので、使えるか試しました。
c0076764_1052516.jpg
12Vの電源に接続して動作しています。

DrivePro 200にした理由です。
・DRY-mini1は画質がいまいち。ドラレコとしては石の跳ね上げのナンバーが読めたりと十分と思いますが、事故現場の横を通ってもあまりわからないことが多いです。
・Micro SDを失くしやすい。下から取り出すので2回ほど落としてしまい、見つかってません。DrivePro 200はWiFi対応でスマホで画像を取り出せるようなので期待しています。確認はしなかったですが、Micro SDは横から取り出すので少しは外すのもましかなと思います。ユピテルもWiFi対応モデルは有りますが、録画中はスマホに落とせないようです。

Gセンサー対応はどうでも良いかと思っています。
高級モデルはGPS対応やバッテリーを積んで駐車場の盗難録画機能があるようです。DrivePro 200は結構でかく外から目立つので有るだけで抑止効果がありそうです。
[PR]
by arip314 | 2015-11-07 11:03 | 日記 | Comments(0)


<< 對面的女孩看過來 ミラノ万博で群馬の食文化を発信... >>