夏休み ミラノ万博・スイス・ちょこっとパリ 3日目 列車で国境越えスイス・Brigへ

行動予定
3日目 
08:23 Milano Centrale発
11:50 Zermatt着 ゴルグナート鉄道、マッターホルン観光 ツェルマット Sunstar Style Hotel泊

列車で国境越えスイス・Brigへ行ってスイスパスを買ってツェルマットへ行き、ゴルグナート鉄道で展望台まで行く予定です。明日は朝出発の氷河特急を予約しているので、マッターホルンが間近に見られるのは今日だけです。

7:00 朝食開始時間に行き1番でした。
c0076764_6164322.jpg
パンケーキがあったので取りました。
7:30 ホテルのテレビでイタリア語でアルプスの少女ハイジをやってました。
c0076764_619259.jpg
画面の白いアルプスのところが雲で見えませんでした。
c0076764_6315618.jpg
8月15日のマイエンフェルト。
c0076764_6403166.jpg

8:00 チェックアウトして駅までスーツケースをゴロゴロ。チェックアウト時に税は現金で払うことになっているということで払いました。冷蔵庫のミニバーは無料というのでお水を持ってきました。チェックインからチェックアウトまでスムーズで宿泊は良かったと言うとTripAdviserに評価を書いてくれと念を押されました。TripAdviserを気にしていることが伺われます。
ミラノは良い天気で暑いです。日本のようなじめっとした暑さではありません。
c0076764_64177.jpg
いつ見ても立派なミラノ駅。
c0076764_6413029.jpg
ミラノ駅前に高ちゃりが。

ホーム階に着いて電光掲示板を見るとまだホーム番号がありませんでした。
c0076764_21302780.jpg
しばらくしてホームが決まったのでチェックしてもらいホームの中に入りました。X線検査はありませんでした。ここでVodafonという手も有ったかもしれませんが、思いつきませんでした。
チケットに書いてある号車の席に座りました。チケットのマーカーは検札が付けた物です。
c0076764_21305726.jpg
チケットはなぜかドイツ語で書いてあります。イタリア人はあまり何語か気にしないんでしょうか。
c0076764_22172611.jpg
3番線から発車です。何行きか気にしてませんでしたがジュネーブ行きなんですね。ずっと乗っていればスイスのジュネーブかと感慨深いです。
c0076764_21393696.jpg
ドイツ国鉄DBの車両にみえます。スーツケースの荷物は入り口付近の荷物置き場に置きました。席は4人向かい掛けで真ん中にテーブルがあります。進行方向に子供2人を座らせ自分は窓際に逆方向に座りました。

8:23 定刻通りベルもなく発車しました。Brigまで2時間ほどの旅です。
c0076764_21563416.jpg
電源サービスがあり、ANKERをつないで電源には不自由しませんでした。欧州仕様のコンセントでした。
c0076764_2203828.jpg
8:35 Rho Fiera 駅で停まりました。10分ちょっとなので、地下鉄40分くらいよりずっと早いですね。自分の隣に中国人が乗って来ました。普通語を話しています。イタリアの検札が来ました。
c0076764_2254346.png
windのSIMをiPadに入れiPhoneをテザリングしています。湖のそばを通り山間を走ります。
c0076764_2231315.jpg
9:44 山に近づくと雨が降ってきました。
山間部やトンネルでwindはSoftBank並にポツポツ通信が切れています。TIMならdocomoくらいつながっているのかもしれません。

隣の中国人もスマホをいじってましたが、電波が切れたのか暇になってきたように見えたので声をかけてみました。隣の人は若い男性で、通路を挟んだ若い女性と2人連れでした。
山西から来たとのこと。男性はフランスのシャモニーの近くに留学していたそうで、夏休みを利用して旅行しているそうです。フランス語も話せるようで検札とはフランス語で話していたと思います。今回の旅行は居たいだけいて、移動したくなったら移動するというような感じだそうです。航空券も当初予約したのを変更したので高い物になったと言ってました。中国国際航空、国航で最初11万円くらいだったのが15万円になったとのこと。
 女性は高校の英語の先生をしているということで、子供がテーブルでやっていた宿題の英語のテキストを見せて欲しいというので見せると興味深く見ていました。第2外国語で日本語を勉強したそうですが、ほとんど忘れたと言い、覚えている日本語として挨拶をいくつか話してくれました。子供がもっと積極的に英語で話してみれば良かったのにと思いました。
 山西へ行くならどんなところを進めるか聞いたメモです。山西も見所があるようですね。
・云岗 敦煌に行ったことがあると言ったら山西にも仏教遺産の石窟があるとのこと、雲崗は知ってましたが山西だったんですね。
・五台山
・平遥古城 世界遗产  後で調べると結構良い場所のようです。

フランスへ留学したり、夏休みを利用して気ままにイタリア旅行したりとお金持ちですね。
イタリアの国境を越えたところでスイスの検札が回ってきました。パスポートとチケットを見せました。

10:18 Brigに着きました。中国人カップルとは祝你玩得开心と言ってお別れ。
Brigでは乗り換えに歩くとのことだったので、他の乗客に着いて行こうと思いましたが、通りを蒲田の乗り換えくらいある程度歩くのかと思ったらトラムの通りを渡った反対くらいですぐした。スイスには改札がありません。
c0076764_6143928.jpg
Brig駅
Zermatt方面へ行く時刻表を見ると結構あるようだったので、Brig駅へ戻りスイスパスを買いました。あっさり買うことができ1人はユース、1人はファミリーにできました。スイスの窓口の係員は親切で、あぁ、何かイタリアのいい加減さと違ってちょっとドイツ的だなと思いました。駅や街の雰囲気もイタリアとは違って厳格な感じです。
c0076764_6202585.jpg
雨は上がっていたので駅前通りを散策してみるという手もありますが、先の様子も分からないので予定通りZermattへ早く行くことにしました。
c0076764_623838.jpg
Zermat行きは1時間後です。Visp(フィスプと発音してました)まで行けば他の線から来て本数が多くなってるかと思いまず10:38でVispへ行くことにしました。事前にスイスパスを持っていれば乗り換えはスムーズにできたはずです。こういうのも自由旅行の醍醐味と思って。
[PR]
by arip314 | 2015-09-03 06:26 | 旅行 | Comments(2)
Commented by p3-saito at 2015-09-03 11:15
高ちゃりって何?パリのVelibっぽぃね。
Commented by arip at 2015-09-03 15:25 x
Saitoさん、パリにも似たのがあるんですね。画像検索すると高チャリ安っぽく見える。


<< 夏休み ミラノ万博・スイス・ち... 夏休み ミラノ万博・スイス・ち... >>