アメリカ親子旅行 羽田空港出発

週末に飛行機の予約を入れて、その日程で休暇が取れるか調整しました。予定通り中国が春節のこの時期は繁忙期ではないので調整がつきました。姪とはあまり連絡してませんでしたが、Facebookで連絡がつきました。土曜午後は空いているので、ワシントンDCで夕食ということにしました。

航空券の発券期限は出発前々日なので、調整がついたところでギリギリに発券。

木曜出発でESTAの申請が72時間前というのが障害ですが、自分でやってみると間違いなければすぐに取れるようです。子供のパスポートが来るのが出発前日です。前日と言っても深夜便なので、パスポートをとった夜に家を出ます。

出発日の前日は休暇前にやっておいてという仕事があり、いい加減に対応していたら怒られそうになりましたが、なんとか終わりました。子供のパスポートも取れたと連絡があり、ESTA申請をしますが、会社にいるとあれはこれはと言われてしまうので、目処がついたところで退散しました。

姪の家に会えたら会うと報告して問題の子供のESTA申請を慎重にしました。順調にすぐに取れました。ESTAの仕組みが分からず家族で1回すれば良いのかもしれませんが、パスポートと紐付いてるようなのでパスポート毎にしました。

手続き関係だけで行き先の調査が出来ない状態で出発してしまいました。行き当たりばったりの旅行です。英語も話せないのに大丈夫なんでしょうか。

成田に行くつもりでしたが、関係者に旅程を連絡しようとしたところで羽田からと気づきセーフ。このところいろいろ怪しいと言われてます。

早めに仕事を切り上げて、前日のパッキングを終了させました。自分の誕生日で食事しようかということでしたが、忙しくなってしまったので食事会は後でとして家を出発しました。

羽田空港には23時前に着いて余裕でした。ANAで予約しましたが、ANAカウンターではチェックインできずUNITEDのカウンターでチェックイン。
c0076764_7332068.jpg

行き先でワシントンにDCが付くか確認されました。バゲージスルーではなくタグはワシントンDCだけど一旦サンフランシスコSFOで受けとる必要があるとのこと。アメリカは他国の荷物チェックを信用しないということですね。カウンターでワシントンは寒く-10℃とのこと。一段寒いところに耐えられる支度で良さそうです。旅行保険を忘れてたので受け付けがいるところで申し込み。しばらく旅行保険は入ってなかったので中に申し込み機械があるか分からないので。時間が遅いので係員が1人になってしまい時間がかかりました。

新婚旅行時は両替せずアメリカ画へ行ってしまい、クリスマスでロサンゼルスの着いたターミナルの両替所が閉まっていて一文無しで初日を過ごした痛い経験から日本で商替えします。両替レートは日本の銀行が一番良いとのことなので、Travelexで15万両替。学生優遇とありましたが、10万以上はそれよりも率が良いとのことで一般で両替。1000円足して買い戻しレートを優遇にします。1万5千円以上戻せればお得とのこと。
105,624円が850USDでした。300USDはパックされていました。本当は開いて確認した方が良いのかもしれません。
タイムズスクエアの両替所で5万円替えましたが、同じ率で計算すると
100,000円が630.32USDなので、日本国内の方が良かったです。

荷物検査と出国審査は無事通り、サンフランシスコとワシントンDCのガイドブックを探します。ワシントンDCのガイドブックはなぜか有りません、サンフランシスコだけのを購入。カード会社のラウンジに行くともっと出発ゲートに近いところにもあるとのこと。営業時間は25時まででした。

ラウンジでは充電とコーヒーとトマトジュースを補給。JCBのワシントンDCの案内パンフレットがあればと思いましたが、出てないようなのでもらいませんでした。受付に言えばあったかもしれません。

c0076764_7332144.jpg

UNITEDはチケットに印刷されているboading group毎に搭乗するんですね。
[PR]
by arip314 | 2015-02-27 06:10 | 旅行 | Comments(0)


<< アメリカ親子旅行 羽田~サンフ... アメリカ親子旅行 計画 >>