外国語大好きおじさんの街シンガポール


シンガポールは中国語学習者の目標とする外国語大好きおじさんの住んでる街です。最近の関心からするとシンガポールのメインは広東語で少数派で普通語を話す人がいるという感じなのでしょうか。8月8日に出発するので体験して来ます。初日の夜に牛車水でバックパック系ホテル宿泊なので、いきなり広東語しかできなかったら・・・と思いますが、その時は英語かな。初日は安心系のホテルの方が良かったかもしれません。
[PR]
by arip314 | 2014-08-02 06:59 | 日記 | Comments(5)
Commented by YOKO at 2014-08-03 10:54 x
もうすぐ出発ですね!
シンガポールは住民の大多数がチャイニーズです。華人。
華人の母語は、カントニーズだったり、ホッケンだったりいろいろなんですが、華人の共通語としてマンダリンを話すので、まずどこでも通じますよー。ご安心を。台湾でマンダリンを皆が話すのに似てますね。さらに英語はインド系もマレー系もほぼ全員が話します。チャイナタウンなどで住民同士の会話を観察してるとマンダリンじゃない言葉で話してる場面に出会うと思います。お店の呼び込みとかもマンダリンじゃ無いかも。楽しんできてください。
私はまだチケットが取れないので行けないかもしれません。
Commented by arip314 at 2014-08-03 12:54
Yokoさん、さっき台湾に旅行に行ってた新西兰人からシンガポールの話を聞きました。百分之八十是华人。Alightという単語をMRTで使ってて意味が分からなかったそうです。
Tiger beerとかRoti canaiが美味しいとか。ナンみたいなものをソースにディップして食べるとか。
台湾では台北、台中、高雄に行ったそうです。花連は台風で行けなくて残念とのこと。台湾地名は英語だと中国語の発音と同じなので楽ですね。
Commented by p3-saito at 2014-08-03 15:59
ん?これって師匠の広東語の(私が貼付けてない)新しいバージョンですか?
師匠ってまだシンガポールにいるんでしたっけ?英語で国際会計?資格の
学習に転じてた頃から情報を得てなかった私ですが…。
Commented by arip314 at 2014-08-06 05:52
Saitoさん、もっと新しいのも有りますが、全て広東語で分かりませんでした。
Commented by durian at 2014-08-18 12:09 x
シンガポールの華人の内、最も多いのは福建系です。次は広東系でしょうか。潮州人もいますし、少数ながら客家もいます。KLだと広東系が多いそうです。ペナン島は福建系です。


<< 高崎花火大会 味里 >>