ちんすこう(金楚糕)

ちんすこう(金楚糕)はWikipediaによればこの漢字が当てられていますが、どうも疑問です。
楚の字にはさくさくしたという意味は見つけられません。酥という字だと思っていました。
発音も楚 chǔがになったとは考えにくく、酥 sūだとに近いです。いずれも現代北方発音なので、沖縄に入ったのは違う音と考えられなくはないですが。
金酥糕か珍酥糕が正しい気がするのですが。
珍 zhēn
中国Wikiの解説はこちら
[PR]
by arip314 | 2014-06-03 00:12 | 日記 | Comments(2)
Commented by durian at 2014-06-08 11:27 x
クッキーですから酥糕でしょうね、
楚の字に「ほどけるような」なんていう意味を考えついたのは一体誰でしょう。
Commented by arip314 at 2014-06-09 05:41
durianさん、誰かが間違って解釈したのが正式になってしまったのではないでしょうか。浮沉で見たばかりの脆の字も似たような意味ですね。脆糕


<< google Chromeca... 6月2日(月)放送「第41課」... >>