2013年度10月02日放送分 英会話タイムトライアル In out out of troble

旅のトラブル、予防と対処
ズボンのファスナー壊れた時に活躍しましたが、最初に使ったのは部屋のエアコンがうるさい時でした。ファンが何かと擦れている音がします。エアコンをオートにしておいて夜寒くなるとうるさくて目覚めることがありました。
休みの時に意を決してフロントに電話しました。
I have a trouble with my room.
AC is noizy.
と言ってみました。うるさいの言い方は良くないかもしれません。
フロントははっきりした英語で同僚を派遣してくれると答えてくれました。フロントマンが来て、実際にうるさくなっている状態にしてその事を伝えると、何とエアコンのスイッチを切って、ほら、問題が無くなっただろ・・・えええ、修理マンを呼ぶと思ってました。
じゃ、エアコンを使いたいときにどうするの?
というと、暑いときは窓を開ければ良い・・・ううむ、そう来たか。
寒いときはどうするの? これはうまく言えませんでしたが、察してくれて
分かった、今日は週末で修理の連絡ができないから、来週連絡する
I promise you.
ということでした。翌週になっても連絡した様子は無いようで、うるさいままでした。翌週はそんなに寒くなかったので言いませんでしたが、次に泊まる人もうるさいままでしょう。

英会話タイムトライアルのこの言い方は切り出しとしては使い易いことを実践できました。こういう対応になるところまでは出てきませんでした。
[PR]
by arip314 | 2013-12-04 06:05 | 英語 | Comments(0)


<< RONIN 坂戸西インターと欧州E40(ポ... >>