助六姫揚 青のり味

c0076764_5504238.jpg台湾人が来ているので差し入れに「助六姫揚 青のり味」を持って行きました。これは食べ始めると止まらなくなってしまうので良いと思いました。
渡すときに中国語で何というか分からず零食しか言えませんでした。中国語レッスンの時に「せんべい」を何と言うか聞いてみたところ、中国にはこういう物は無く、最初に食べたときには「まずかった」と感じたそうです。中国語の煎饼は当然別物です。
まずかったと思い、次に行ったときにまだ袋ごと残ってました。口に合わなかったのか聞くと「不会」とは言われましたが。
[PR]
by arip314 | 2013-11-06 06:19 | 日記 | Comments(0)


<< 漱石と現代物理学 まいにちイタリア語 2013年... >>