台湾人と話してみた

仕事で台湾人と会議する機会がありました。以前も来たことがある人です。台湾人なのにlがn化する発音です。イメージがさだまさしさんに似ているのでさださんとします。

さださんに直接出身を聞くと台北だけど、台湾人にもよく東南アジアじゃないのと言われるとのことでした。香港、マレーシア、シンガポールあたりと言われるそうです。
会議していて、台湾の単語と中国大陸の単語の違いに戸惑うことが以前はあったのですが、彼との話ではほとんど意識する必要がありません。彼が気をつかっているのか、単語の違いが出るレベルまで話がいってないのか。
他の人に比べて英語レベルは低いようです。自分も最近は中国語はやっていませんが、話すときは中国語の方が言いやすい気がします。彼も中国語の方が自然に出るようです。lのn化もだんだん慣れて来たような気がします。
まいにち中国語を聞いていると遅いスピードになってしまうので、早いのも極力聞くようにしないと会話スピードにはついていけないかもしれません。
[PR]
by arip314 | 2013-09-04 23:58 | 日記 | Comments(3)
Commented by p3-saito at 2013-09-05 11:24
台湾人ってlがn化するの?広東人はnがl化して你好はレイホウで英語のnoはロウでしたけど…。
Commented by arip314 at 2013-09-06 00:41
Saitoさん、普通はしないので、台湾人ではないと言われるようです。
Commented by arip314 at 2013-09-16 18:39
Saitoさん、また話す機会があって確認したらnがl化でした。だから彼は香港人やシンガポール人と間違われるんですね。


<< 夏休みイタリア家族旅行 3日目... 夏休みイタリア家族旅行 3日目... >>