端午節の腕輪

大連出張に行ったとき、ローカルから端午節は腕輪をして初めて雨が降ったときに外す習慣があると言って付けられました。
c0076764_6392421.jpg

この習慣は日本に伝わっていないと思います。そう言えば街中でこれを見かけた気がします。魚の他何種類かあるようです。
端午節 五彩縄
日本は雨模様なので、外してどうするかわかりませんでしたが、水たまりに入れるとか水に流すとかのようです。日本なら水に溶ける素材で作るでしょうか。



地域によるのかもしれませんが日本にいる中国の人に聞いたところ、昔は子供が手に付けてだめになって切れるまで付けていたそうで、魚とかは無かったそうです。大人はしなかったとのこと。

大連だけ特別なのか結構大人もしていました。
[PR]
by arip314 | 2013-06-19 06:44 | 日記 | Comments(0)


<< 一根树枝和一捆树枝 父の日 >>