ローマの休日

イタリア旅行予習映画として欠かせない「ローマの休日」を見ました。白黒映画は見ないのですが、さすが名作と言われるだけあり、楽しめました。
イタリア人と会話する時って映画の中みたいな感じかもっと英語がわからない感じなんでしょうね。あるいは、少し分かってもイタリア語だけで返されるとか。
スペイン階段、トレビの泉、真実の口は入れてましたが、ダンスをしたところは分かりませんでした。
今はスペイン階段でジェラートを食べるのは禁止だとか。真実の口はバカンスシーズンで大行列なんでしょうね。
極東ブログに大人の見方がありましたが、確かにそう思えるところがありました。
あれだけのずぶ濡れが乾燥機無しで乾いてしまうのはイタリアは乾燥してそうですね。
[PR]
by arip314 | 2013-06-10 06:00 | 日記 | Comments(1)
Commented by YOKO at 2013-06-10 16:49 x
ローマの休日いい映画ですよね。子供のころに見て以来、アン王女は憧れでした(遠い目・・・)ローマはあの映画のころとあまり変わらないので、出てきたほとんどのものがありますよ。最後の乱闘のボートはないけど、ここだ!って分かりますし。ジョーの家もあります(個人宅で見学できないらしい・・・)

イタリアでは言葉に困った記憶があまりないです。
ほとんどの場所で英語が通じました。でも少しでもイタリア語で話せると盛り上がること間違いなしですね!
加油!


<< NHK WORLD RADIO... 中国語レッスン 第187回 《... >>