まいにちイタリア語 入門編 第15課 5月8日放送分

5月連休明けからまいにちイタリア語を聞いています。
イタリア語はロマンス語ということでフランス語に近いという話しでしたが、ボンジュールとボンジョルノは似ている感じがします。
母を訪ねて三千里でイタリア人のマルコがアルゼンチンのブエノスアイレスで話しが通じるという話しがありましたが、いくつかスペイン語に似た単語も聞こえます。
男性名詞、女性名詞が有って変化するのが面倒です。その点中国語は楽です。
ブラボーは男性名詞に付くときで女性名詞はブラバなんですね。
今は音で聞いているだけですが、テキスト買って付き合わせてみようかどうしようかというところです。

大崎さやの先生は声を聞くと杉山先生のようなイメージかと想像しています。マウロさんのイタリア人男性の話し方は陽気で軽い感じがします。

5月8日放送分
イタリアの小学生は6月から9月が夏休みだそうです。
何々人という形容詞が出てきました。
シロガネーゼという言い方はイタリア語だったんですね。東京人は何て言うかわかりません。
八戸人は明らかにハチノヘーゼと想像できます。
[PR]
by arip314 | 2013-05-31 06:43 | 日記 | Comments(3)
Commented by p3-saito at 2013-05-31 11:55
ぇ~、呼んだ?(^_^;
八戸には白金ならぬ白銀(シロガネ)町とぃぅ地名あるのょ。(昭和に大火)
Hachinoheをフランス人はきっとアシノエと発音する鴨。許さん!
耳フェチの私にアルレッキーノの「おいら」のさやのチャンはお茶目でしょう?
Commented by p3-saito at 2013-05-31 11:56
ぁ、書き忘れた。
フランス語にボンジョルネとぃぅ言葉もあるけど,意味は異なるのょ。
Commented by arip at 2013-06-01 20:37 x
Saitoさん、イタリア語もhを発音しないのでアチノヘーゼみたいです。


<< 夏休みイタリア旅行 計画編 行... 打退堂鼓 >>