フレッツ光解約、フレッツ光 ライトへ

WiMAXを契約したので通信費を節約すべくフレッツ光を解約に電話してみました。
フレッツ光がなくてもWiMAXをクレイドルでLAN接続すれば、通常のLAN利用には問題ないだろうという判断です。
アナログにするのは非常用ということも考えました。夏の自宅付近の落雷の停電時に家電話が使えなくなったことがありました。アナログ回線なら電話線からの給電で電話だけはできるはずです。もっともメタル線が引き込まれていなれば、落雷でモデムなどの機器が壊れたりしなかったかもしれません。自宅へは光ファイバですが、メタル回線も残っています。電柱側で切ってあるかもしれませんが。

繋がるのに15分くらい待たされた後、本人確認も面倒くさかったです。
解約の理由はiPhoneで大体すんでしまうので、家でインターネットしないからとしました。
肝心の解約の段の説明になったら2つ選択肢があるとのこと。
家はフレッツ光と光電話を使っていました。
1.アナログ回線にする。
工事は平日のみ。工事費が最低2100円かかる。場合によっては1万円以上かかる。
電話代は距離に応じてかかる。
2.フレッツ光ライトにする。
工事は必要だが、土日でも可能。
2段階定額制で200Mまで2940円、最高6090円とのこと。
プロバイダは変えなくても良さそうです。
定額の下限内でどこまで使えるのかわかりませんが、一度こちらに変えてみることにしました。アプリのダウンロードをすると厳しそうです。
フレッツ光 ライト
プロバイダはWAKWAKを使っているので、
「フレッツ 光ライト」
にすれば次のように2484円/月節約のはずです。
NTT-MEインターネット接続 6421円 → 3,937 円

最低金額の3,937円で運用するにはパケットが200MB/月の必要があります。Webブラウジングなら200MBは越えないと思いますが、YouTubeやアプリの更新やWindows Updateが走ると厳しそうです。念のため維持するには最低金額が高いと思いました。使わなければ1000円くらいでプロバイダ費もかからないなら良いのですが。

NTT-MEインターネット接続 6421円
の内訳が請求書のどこにあるのかわかりませんでしたが、以下のようになっているようです。
5460(Bフレッツ月額)+997(WAKWAK月額)=6421円

電話での話からするとフレッツ光ライトからネクストへの切り替えは無料でできるということなので今回の工事はBフレッツからフレッツ光ネクスト回線へ交換するというイメージでした。メタル回線は残されるのでしょうか。
[PR]
by arip314 | 2013-01-24 06:13 | 日記 | Comments(0)


<< 腊八粥的来历(一) #1474 - [UpperE... >>