nasneの設定

nasneの修理は販売店ではしないというので、初期故障も含めソニーサービスセンター行きだそうです。外箱に保証の印を押して、外箱を保存するようにということでした。

【nasne設定】
1.B-CASカードを挿入
2.LANを接続
3.アンテナケーブルを接続。
 家は地デジ/BS混合だったので、そのまま接続できました。nasneに同梱のケーブルは細いので手持ちのテレビ付属品を使用。これもBSの帯域には足りないはずですが、短いので良しとします。
4.nasne電源投入
5.nasne™ HOMEでの受信設定 レコーダー設定→チャンネル設定
 IPアドレスがDHCPで何になったかわからいのでpingしてIPを特定。IP指定でnasneの設定をしましたが、下記でできたようです。nasne-以降は本体裏に記載されています。
 http://nasne-5c33ce:64210/nasne_home/index_pc.html
 IP指定でもiPhoneアプリのNetwork Analyzer - Light でIPは調べられました。
 省電力設定もしたいところですが、家ではアンテナ電源供給が必要なのでオフにはできません。「CHAN-TORU」で外出先からの予約ができなくなるようです。torneからはWOLでONしているのでしょうか。

nasne本体の設定は以上。

【クライアントの設定】
Nexsus7、iPhoneとも似た感じです。
1.再生アプリ Twonky Beamをダウンロードしてインストール。
 Twonky Beamは再生アプリかと思ったらWebブラウザなんですね。
 iOS版 Twonky Beam が nasne に正式対応、iPadやiPhoneで録画番組を視聴可能に
 "nasne のライブチューナーにも対応しない"とありますが、iPadでライブチューナーできます。
2.番組予約 Webブラウザで「CHAN-TORU」の設定
 Chan-Toru - テレビ王国 - So-netにアクセスして「ログインフォームへ進む」でGmailとかYahooのアカウントでログインします。
 予約録画のためには以下の設定が必要です。
 (1)設定→レコーダーの設定をする。
 (2)登録用パスワードが出るので控える。
 (3)Webブラウザでnasne homeにアクセスし登録用パスワードを登録する。
 (4)Webブラウザで「CHAN-TORU」にログインし設定→レコーダーの設定をする。なんか面倒。
   録画画質は3倍(標準)にしておく。
 (5)「CHAN-TORU」をブックマークに入れる。

3.統合アプリ RECOPLAをダウンロードしてインストール。
 nasneのコンテンツ削除に使います。
 再生や予約は「Twonky Beam」や「CHAN-TORU」にリンクしているだけです。録画番組のメタデータが扱えます。iPadとAndroid版でできることが違うようでした。Android版は放送中番組が一覧で見えるのが良いです。Wake on LANが使えるだけならいつも電源オンなので関係ないです。
 左下の「削除選択」でnasneに録画したコンテンツを削除できます。下はiPad版の画面。
c0076764_9253820.jpg

 Android版では上に「コンテンツ」、「放送中番組」、「録画予約」ができます。コンテンツ削除は「コンテンツ」でコンテンツを選んで長押しすると削除、プロテクトなどのメニューが出ます。
c0076764_9454048.png

 iPhone版は見つかりませんでした。iOS5.1.1なのですが、iOS6にすればあるのかもしれませんが。iPad2以降とありますが、初代iPadでも使えました。
 iPhone/iPadでも録画番組のストリーミング視聴が可能に、ソニーが「RECOPLA」をアップデート

〔S-Entrance〕は入れてみましたが、「アプリ」はアプリでなく「ただのリンク集」で便利とは思わなかったので削除しました。
[PR]
by arip314 | 2013-01-09 00:25 | ガジェット | Comments(0)


<< Wimax最高感度 水涨船高 >>