Wimax Aterm WM3600Rを契約しました

c0076764_15134774.jpgYamada Air MobileでWiMAXを契約してしまいました。色は無難なシルバー。
Try WiMAXを使ってみて通勤経路はほぼ圏内。自宅は窓際の置き場を選べば一本アンテナが立ち、職場も窓際なら1~2本というところです。WiMAXが有効そうなのはストリーミング再生です。ラジオをストリーミングで聞くとSoftBankのパケット代が跳ね上がります。

 Nexus7を買うときにTry WiMAXを返却するくらいまで(2週間)ならキャンペーンでNexsus7 5000円引き適用とWM3600 1円を確認しました。

 1年縛りの値段で申し込むならNiftyのキャンペーンでNexsus7 8Gをただでもらうのが一番得そうです。登録料(3150円)無料、WM3600R クレードルセット1980円。NiftyのWM3600RはSIMロックのような制限が付くみたいです。Nexus7 16Gを買ってなければこれでも良いかもしれません。オークション慣れしていれば未開封で売れば8Gは14000円くらいで売れそうです。
 他にはBiglobe WiMAXキャンペーンが7000円キャッシュバック+送料無料、クレードル1980円となります。

 Yamadaも5000円のキャッシュバックが付いてBB mobilepointなどが使えるようなので、その費用も入っていると思えば、まぁリーズナブルかなと思いました。Try WiMAXを返しに行くついでに契約することにしました。
 契約は本当は2段階制にしたいと思ったのですが、年間フラットでないと特典は使えないそうです。YamadaのWM3600Rを聞くと白ROMに当たる物だそうです。年間フラットで契約して解約する方が違約金を9800円払ってもモデムが2万円くらいするので得だと言っていました。結局1年くらいは使ってしまうと思いますが。iPhoneがゼロから定額になっているので、モバイルデータ通信をオフにして使えば元が取れる計算。月の節約額は
 4200(iPhoneパケット代)-3880(WiMAX年間フラット)=320円
 自宅のFlets光を止めればずっと速く元がとれそうです。自宅でのスピードはやはり光に歩があります。今年の目標としてしばらく使っているFlets光は一旦止めてみようかとも思います。

 キャッシュバックは登録料(3150円)を差し引くのかと思ったらその場で現金でもらえました。登録料は月額料金と合わせて引き落としみたいです。
 公衆LANの申し込みは後で個人で申し込むみたいです。
 使い放題と思ってましたが、契約の時に使いすぎると制限がかかるかもしれないと説明がありました。7Gとか容量は具体的に決めてないようでした。連続して使いっぱなしだと対象になるということなので、P2PのDLをやると引っかかりそうです。
重要事項説明
【シングルサービス】
(1)ネットワークへの過大な負荷が生じるのを防ぐため、一度に大量のデータを送受信する通信が一定期間継続された場合、通信速度を制限させていただくことがあります。




節約額の計算に間違いがありました。iPhoneパケット代は0円になるわけではなくて980円なので660円のプラスでした。この金額はNexus7やiPadもWiMAXで使えるようになったのと、これらのデバイスでmobilepointが使えるようになった代ということです。
 4200(iPhoneパケット代)-3880(WiMAX年間フラット)+980(iPhoneパケット代)=-660円
[PR]
by arip314 | 2013-01-03 00:50 | 日記 | Comments(0)


<< 茶圣陆羽 nasne (CECH-ZNR... >>