日本語にとってカタカナとは何か (河出ブックス)

c0076764_694113.jpg日本語にとってカタカナとは何か (河出ブックス)を読みました。他の言語とりわけ中国語を知っていると面白く読めます。外国語がそのまま取り込まれるのは日本語に限ったことではないと思いますが、カタカナとして取り込まれると音の表現から日本語化してしまうのは何か面白い現象です。ポーランド語でもずいぶん外来語がありますが、アルファベット表記で語尾がポーランド語っぽくなっている印象があります。漢字が無ければ日本語もアルファベットで表現していたのでしょうね。漢字が取り込まれてカタカナが生まれたのには仏教の影響が強いことが主張されています。漢訳に鳩摩羅什(くまらじゅう)のことが出てこないのが気になりました。
[PR]
by arip314 | 2012-07-31 06:09 | 日記 | Comments(0)


<< 毽子 中国語レッスン 第159回 《... >>