中国からの出張者 軽井沢

せっかく、日本語がほとんどできない人が来ているので、子どもたちが習っている英語でのコミュニケーションを実践してもらおうと思いました。
駅で待ち合わせして迎えに行こうとすると、子どもたちは行くのをいやがります。知らない人と会うのが恥ずかしいのだと思います。なかなか来ないので、あきらめて1人で迎えに行きます。家に戻って子供を誘いますが、挨拶もせずに1時間くらい経ってしまいました。昼近くなっていたので、食事するだけならということでようやく、レストランに行くことにしました。前日見たテレビの影響も有ってガストにしたかったのですが、ここでも意見が割れますが、なんとかガストへ。
最初は挨拶もできなかったですが、慣れていくうちに英語で話すようになりました。出張者曰く子供の方がママよりうまいとのこと。
ガストではスープにナンプラーが隠し味で入っているというちゅるしこ夏冷麺を注文。海南風醤のシンガポールカレーも味わってみたかったので、子供にけしかけたのですが失敗。また次の機会に。

食事後、軽井沢へ行くことにしました。夏物を買いたいと言うことで軽井沢ショッピングプラザへ。軽井沢は下界から7度くらい気温が下がりました。午後から行ったのに結構混んでました。足下注意の看板に韓国語と中国語の表記がありましたが、中国語は変だと思って聞くとやはり変だそうです。「脚下注意」とありましたが、中国語順なら「注意脚下」もっと言うなら「小心地滑」でしょうか。時間が無くなり旧軽の方は案内できませんでした。

難しいことを言うときは通訳させられてましたが、そこそこ英語でコミュニケーションできたようです。中学の子は単語をいくつか私に聞いて、自分で組み立てて話しかけていました。車では中国語の曲を流していました。私のお気に入りの曲は台湾のが多いようです。
[PR]
by arip314 | 2012-07-10 01:05 | 日記 | Comments(2)
Commented by p3-saito at 2012-07-10 12:17
うちの寺の玄関に「照顧脚下」と書いた木の板がある(たしかぺりお氏のブログタイトルも?)けどこれって日本語なのかな?
Commented by arip at 2012-07-11 12:32 x
Saitoさん、語順は中国語ですね。


<< 五颜六色的“客” 金无足赤,人无完人 >>