金環日食観測準備

2010年に青島で金環食があったようです。5月21日の金環食の自宅の付近の食分は青島と同等くらいかなと思います。職場の付近ならほぼ中心線に近くなります。子供と一緒に観察して会社に行くか会社付近で真ん中までの金環食を見たらよいか。次の近い日食は2035年になります。


こんな動画もありました。金環食の時は金星が見えるんですね。嘉峪关の皆既日食では水星も見えました。


今日試し撮りをしてみましたが、練習しておかないと本番は難しいですね。CX3で撮った黒点です。雑誌付録の観測フィルターが意外に性能が良いことがわかりました。
c0076764_1475398.jpg
こちらは雑誌の付録観測遮光板での撮影です。前回の皆既日食より日食眼鏡付きの雑誌が多いような気がします。
c0076764_1462870.jpg
フィルターは銀色のフィルムです。
[PR]
by arip314 | 2012-05-12 14:10 | 日記 | Comments(5)
Commented by Erlang at 2012-05-14 19:14 x
あれっ、どっかでこの話しませんでしたっけ。
地平線ぎりぎり金環日食は、フィルターをかけなくても見られる日食ということで、非常に興味深かったのですが、まず天気がそんなに悪くなくても地平線近くは雲に隠れてしまう可能性が非常に高いこと、そもそも青島に行ってうまく地平線近くが見通せる場所をみつけることができるのかどうかもわからなさそう、ということで、行きませんでした。

皆既日食のときは、空がほぼ夜のように真っ暗になるので、水星も見えましたが、今回は金環なので、空は青空のままですから、水星は太陽の近くにいることはいるのですが見えないでしょうね。木星も太陽のすぐ近くにいますがムリでしょう。金星も太陽の遠い側にいたら見えないだろうと思いますが、今は割りといい位置にいるので、普段空がまだ明るい頃にも一番星として見えるような感じで見えることでしょう。
Commented by Erlang at 2012-05-14 19:21 x
それから、見る場所ですが、もちろん中心線近くがきれいに均等なリングが見えるし、金環時間も長いのでいいわけですが、金環食帯の縁ぎりぎりのところというのも、ちょうど月の縁と太陽の縁が接しているときに月のクレーターのでこぼこのせいで、リングの細くなった部分がとぎれとぎれに見えるベイリービーズという現象が比較的長い時間見られる、という特徴があります。
Commented by arip314 at 2012-05-16 05:50
Erlangさん、青島の話しは聞いたような気がします。ベイリービーズという現象は知りませんでした。朝起きて天気が良ければ家族で観察でもしようかと思います。
Commented by Erlang at 2012-05-17 00:15 x
そういえば、今回は日本の地元で見られるので他の地域のどこで見られるのかあまり気にしていなかったのですが、調べてみると、金環食帯をさかのぼっていくと台北をかすめて、福建省から広州、香港まで、日の出近くに見られるんですね。まあ、みなさん、天気がどうだか心配な地域ですが
Commented by arip314 at 2012-05-17 05:42
Erlangさん、海南島から始まるらしいです。台湾や香港の人に興味があるか振ってみましょうか。日本国内で8千万人見るということなので雑誌やコンビニでも日食グラス売ってるんですね。


<< 日食撮影予行演習 長沙市上空の「スーパームーン」 >>