中国で銀行口座を作ってみる

寒くて出かける気がせず、暇だったのでやっているようなら作ろうと思い、銀行口座を作りにいってみました。
ざっと調べたところで口座開設はパスポートがあればできるらしい、銀行員は態度にいちいち腹が立つらしいというのがわかりました。

口座開設は、中国銀行かICBC 中国工商銀行が私が見るにはあちこちにありそうです。大連開発区では金元の交差点に中国銀行があるので、中国移動で国際電話の手続き後、そこに行きました。
c0076764_1344746.jpg

入り口の案内係に口座を開きたいと言うと、开账户と言い直され、発音・音調とも間違ったっぽいです。ここの受付カードを取って待ってということで取ります。

言えなかった中国語:开账户 huか。軽声ではダメみたい。

あそこの書類に記入して待ってくださいと言われ記入していると、まもなくすぐに呼び出し、私が番号を聞いて窓口へ行こうとしていると、さっきの案内者があの人番号聞き取れたよ・・・みたいに言ってるのが聞こえました。
窓口ではパスポートの提出を求められました。パスポートとは言われず身分証と言われるので、ちょっと分からずにいるとパスポートと言われました。
申請書類の書き方が分からずにいると、あとは手伝って書いてくれると親切なお言葉。住所はどうでも良いという事前情報でしたが、ホテルの住所にしました。携帯は中国携帯番号。これは後でショートメールが届いていたので重要そうです。
もしかして、もう一カ所手続きが必要だったか?

中国移動もそうでしたが、サインはローマ字でするように何回も言われました。お上からお達しが出ていると思われます。暗証番号は事前の調査通り6桁で10回以上入れているのでそこそこ覚えられそう。
c0076764_6265274.jpg
カードはその場で発行で、銀聯のマーク入りでした。
インターネットバンキングするか聞いてきたので、するかもと答えると手続きをしてくれました。
c0076764_6273861.jpg
セキュアトークンくれ、無くさないように言われました。动态密码と書いてあります。使うには手続きが必要で、こうやって、と教えて書いてくれました。聞き取れているふり。まぁ、書いてあるいし、日本に帰ってあからでと思いましたが、携帯メールが必要ならいる間に手続きしとけば良かったと思いました。

銀行は怖いと思いましたが、ポイントアップです。
この後、確認のために預金することにしました。預金できそうな機械が見当たらないので、案内係に聞きます。すると、存款机のところへ連れて行ってくれて、手取り足取り説明してくれました。中国はATMじゃないんですね。日本が少数派かもしれませんが。
[PR]
by arip314 | 2012-01-23 00:37 | 日記 | Comments(2)
Commented by p3-saito at 2012-01-23 10:16
今だと1(人民)元なん円なんだろう?(1万円でなん百元?)元高なのか元安なのかな?
Commented by arip314 at 2012-01-24 06:39
Saitoさん、1/21の記事の中国銀行の温度写真にレートもありますよ。800元には届かなくなってきました。


<< 大家新年好! 帰国します >>