中国語ドットコム 北京ツアー1日目 ~北京空港到着

8:00の飛行機と思い、6:00前に羽田空港に着くようにバスで行きました。前の日に仕事でいろいろ問題が起こって家に帰ったら12:00を過ぎていました。行く準備をして、特に愛出先から自宅のPCがアクセス出来るように設定していました。VPNに接続すると外出先からPC切断が途切れますが、自動的にスリープモードにしてVPNを切断させメールだけ受信してメールを読もうという作戦です。ところがスリープモードに入らず、うまくできませんでした。
 寝てしまうと起きられないかもと思ったのでそのまま起きていました。3:25のバスで羽田空港へ向かいました。ばたばたして中国携帯のSIMとモバイル無線ルータ、ANAのマイレージカードをを忘れました。今回の中国国際航空はスターアライアンスだったんですね。
 羽田空港には5:30頃着いてしまい早過ぎました。羽田空港は成田と違い早い時間の出発便もあるようです。6:00頃にチェックインが始まり、北京行きの搭乗口に行って待っていました。ゆっくり来ればチャオベンさんや相原先生のチェックインに立ち会えたようです。北京行きはそんなに混んでいませんでした。搭乗口でチャオベンさんが何と私を覚えていてくれていたのに感激しました。搭乗口でErlangさんと合流しました。
 中国国際航空の機材は新しく機内では中国の匂いは感じられませんでした。個人ディスプレイは有りません。機内ではすぐに朝食が出ました。
c0076764_2245297.jpg
オムライスと言ってましたが、ライスは無かったです。
 北京に着いたら、タラップで飛行機から降りました。着いたターミナルからトラムに乗ってターミナルを移動しました。
c0076764_22535797.jpg
結構移動距離が長かったです。ターミナルには日本語の案内もありました。
c0076764_2334285.jpg
兵馬俑のお出迎え。
c0076764_2345996.jpg

荷物を受け取って出口に行くとちょっと中国語ドットコムツアーの案内がわかりませんでした。
 北京では何と曄々が出迎えてくれました。待っている間に群衆が行ったので、誰か中国の歌手か俳優かと思ったら、刘德华が通ったようで曄々がたいそう感激していました。北京空港のターミナルは何となく上海万博の埃及館みたいなイメージでした。12/4追記。屋根の上にいるのは掃除をする人だそうです。
c0076764_2363269.jpg

 バスに乗り込むと関西組がすぐ来るというので待って出発。今回のツアーガイドさんの紹介がありました。日本語は相当流暢で中国人訛りが聞き取れませんでした。中国語学習者のツアーに相応しく厳しかったです。中国語はかなり真剣に勉強しないといけないとか、文化の背景を理解しないといけないとか、覚える時は日本語と中国語の両方覚える、反対の意味も一緒に覚える、書き言葉と話し言葉を区別するなど。北京は機内では1度という紹介でしたが、気温以上に底冷えがする感じでした。晴れということですが、もやっていました。この時期は霧があるとのこと。
c0076764_2310667.jpg
結構、交通量が多いです。帰りの日は空港から市内への道が渋滞していました。
 道端の木はポプラで、鳥の巣はカササギとのこと。
c0076764_22575097.jpg
カササギ鵲にまつわる話しが聞けました。ガイドさんは百人一首の「かささぎの渡せる橋・・・」も知っていました。
喜鹊大桥
鹊桥相会(què qiáo xiāng huì):鹊桥:古代民间传说阴历七月初七晚上喜鹊在银河上搭桥,让牛郎、织女在桥上相会。比喻情人或夫妻久别之后的团聚。
[PR]
by arip314 | 2011-11-28 23:07 | 旅行 | Comments(2)
Commented by p3-saito at 2011-11-29 00:23
ん?北京は初めてでしたか?写真でなんだか懐かしい気がしました。あの大きな木はポプラだったのか。鳥の塒で大学構内のは上学时に毎朝通るその下はフンだらけでいつも上を見て歩いてました。(^^;ぁ、そぅ言えば、歩道の方はこれまた人のタンだらけで下を見て歩いてましたね。(^^;;
Commented by arip314 at 2011-11-29 06:07
Saitoさん、木の種類は自信がありません。北京は2000年に旅行に行って以来です。その頃は中国語をやるとは思っていませんでした。


<< 中国語ドットコム 北京ツアー1... 中国語ドットコム北京ツアーから... >>