昆山出張 6回目 上海観光

昆山出張で空港迎えが来なかったロジックです。
2人で出張に行くというので、私が空港迎えをRさん経由で予約しました。RさんはJさん経由でタクシーを予約しました。同行者には私が予約したので、予約しなくて良いとJさんに告げて予約がキャンセルされたということみたいです。

同行者はリニアに乗ってみたいと言っていたので、この機会に行くことにしました。迎えがいないことを電話で確認した人は無事にホテルに着いたか心配して何回も電話してくれたようで申し訳なかったです。こちらは上海を観光してました。

夜の上海観光は黄浦江エリアかと思いますが、南京路から行くには荷物持っての移動は面倒そうなので、东方明珠側に行くことにします。リニアで龙阳路に行き、地下鉄で陆家嘴へ。
c0076764_0451594.jpg
駅前のこのツインビル完成したんですね。
c0076764_0461441.jpg
乔布斯が無くなって間もなかったですが、アップルストアは特に変わった様子もなく賑わっていました。
c0076764_0473740.jpg
上海を代表する風景。
c0076764_0482050.jpg
正大広場の小南国が美味しかったという記事を思い出したので、夕食を食べに行きました。入り口で30分くらい待ちました。待っている間メニューを見ます。時価というのが多くて、200元とか300元とかすぐ行ってしまいそうなので、セーブすることに。
c0076764_0505752.jpg
中は思ったより広く、窓際の席になりました。時間が遅かったせいか青島ビールが無くてサントリービール。メニューもライス系が終わりでした。シンプルな炒面ですが、美味しかったです。上海ガニの季節になってましたが、蟹を食べるのは面倒なので蟹粉のものを頼みました。
c0076764_0545264.jpg
1人100元代になりちょっとセーブしすぎました。
夕食後、上海駅に行って新幹線で昆山へ行くつもりでしたが、面倒になってしまったのでそのままタクシーで行きました。タクシー代は300元くらいでした。タクシーは昆山を知っていると言っていて、すぐ高速に乗りましたが、一旦降りたので遠回りか・・・と思いましたが、大丈夫でした。昆山近くになるとどこで降りるとか、降りた後どう行くとか聞いてきます。市政府の近くだと言って分からない様子。黑龙江路とか通りの名前でもわからず、地元の車に乗り換えてとか、道を聞いたりしていました。この時にAndroidのMapが使えれば良かったです。聞いた人が行くところが市政府の近くだというので相乗りしてホテルまで道案内するということになり、無事ホテル到着。
カメラの時間はポーランド時間のままでした。
[PR]
by arip314 | 2011-11-08 01:01 | 日記 | Comments(0)


<< 大連出張6回目 開発区の休日 ... まいにち中国語【入門編・後期】... >>