大連出張6回目 3日目

土曜ですが加班するということでした。会社まで歩いて行くつもりでしたが、同じホテルの出張者がいつもの時間にいたので、迎えを待っていましたが、やはりないようなのでタクシーで行きました。
オフィスが閉まっていて入れません。待っていることになったので、歩いて来ても良かったかもしれません。時間になると入れるようになりました。その入り口は1人しかいなかったのですが、別の入り口からローカルスタッフがぞろぞろ入ってきました。皆、別のところで待っていたようです。

午前中、事務所で仕事しお昼を食べました。食堂が開いていて、昼は米線にしました。この日は大連は雷阵雨ということだったのですが、晴れてきて午後は別の会社に仕事に行きました。開発区から市内の高新区までタクシーで120元ということです。何台か過ごして市内に詳しいというはずのタクシーで行きました。途中の経路が微妙と思いましたが、AndroidのMapで位置を確認していました。目的地付近になると、地図を書いてもらっていたのですが、道が分からない様子で通行人や別のタクシーに聞きまくっています。おかしいな、市内に詳しいはずじゃ・・・。こんなもんですかね。昆山でも市政府にも行けなかった人が詳しいって言ってたし。
Mapで検索すると目的地は出るのですが、2年前の引っ越し前の場所しか出ませんでした。その辺で訪問先の会社から電話が来たので、運転手に変わってもらい会社に到着。それらしい建物があったので、下ろしてもらうとどうも違う様子。実はもう少し先の別の建物でした。

その会社にはゲスト用のインターネット回線があると聞いていたのですが、実際行くとどうも違う様子。社内用の回線を接続して設定しようとします。社内用の回線はいろいろ制限があってVPNに接続できないようです。土曜なので担当者がいなく電話で連絡してもらいましたが、それしか無いと言うことでした。ゲスト用はあるはずと思います。

仕方ないので、PocketWiFiでVPNに接続したら、数Mのメールが来ていてそれでパケット代が終わってしまったようで、電話もかけられなくなりました。容量で課金されるのかもしれません。もう500元以上も使っています。3Gの上网卡で日数で課金されるのがあったらそちらにしたいと思います。PocketWiFiもパケットし放題が使えるんでしょうか。

午前中、その会社では雷阵雨だから来るのは大変だからメールのやりとりだけで済ませましょうと提案があったのですが、ポーランドにいたときできたと言ってできなかったのを何回も経験しているので、天気が回復したこともあり行くことにしました。

言ってみるとやはりできたと言っているところができていませんでした。それをやるのも時間がかかるというので、仕事を切り上げて夕食へ。現場に行っていろいろなことがわかりまぁ良かったと思います。
開発区へ帰るのに便利なようにIKEA付近で食事。この辺には詳しくないようで、適当な海鮮店に入りました。思いっきりローカル色たっぷり。ちょっとお腹を壊さないか心配でしたが、今朝大丈夫なのでたぶん大丈夫でしょう。お店はちょっと汚いですがローカル客で混んでいました。見た目は全然日本人受けしないですが、味は良いと思います。全体的に薄味で香菜を入れなければ良かったです。

帰りは軽軌が夜8時までと言っていたのに言ってくれなくて9:00近くなっていたので、タクシーで帰りました。メーターで发票できるが実際の支払いは+10元してくれとのこと。高速で突然下ろされ変な下道を走ることに。何回かこういう目に遭っています。中国で運転するのは大変。
開発区には詳しくないようで、目印となる建物を教え、そこからは指示します。政府の場所は知っていました。政府の発音は相変わらず苦手です。
ホテルはすぐそこなのですがUターンするのにかなり回り込まないと行けません。そこも指示することになります。なかなか中国語ができて地理を知らないと厳しいですね。Uターンの中国語を忘れました。
[PR]
by arip314 | 2011-10-16 11:14 | 日記 | Comments(0)


<< 大連出張6回目 4日目 大連出張6回目 2日目 >>