ポーランド出張4回目 6日目 GEORGIA料理

GEORGIAはジョージアに見えてしまいますが、グルジア家庭料理か郷土料理という雰囲気のレストランに行きました。Kyotoのの近くでいつも混んでいます。
どんな料理かは多国語メニューの英語部分で当たりをつけました。外国人慣れしているのと、料理がポーランド料理化しているので大丈夫です。
グルジア料理
ピエロギの種類は2種類しかありませんでした。豚肉が餡のを頼んだら小籠包みたいなのが来ました。今度はポーランド料理に行ってブルーベリー餡のに挑戦したいです。メニューにはピエロギとありましたが、餃子のようなヒンカリだったのかもしれません。チンギスハンの影響は中欧の辺まで及んでいたのですね。
c0076764_13301427.jpg
小籠包の方が美味しいです。
[PR]
by arip314 | 2011-09-18 13:38 | 日記 | Comments(2)
Commented by Erlang at 2011-09-18 20:08 x
グルジアは英語ではジョージアのように発音します。というか、ジョージアと同じです。他の言語を使っているところの地名だからといってその言語の発音に近い発音をしたりしないんですね。というか、日本語ではカタカナで書き換えてしまうけど、英語では綴りのアルファベットはそのまま書くから区別つかないということでしょうけど
Commented by arip314 at 2011-09-26 00:15
Erlangさん、ポーランドではビデオをWideoと表記していたのが気になりました。


<< ポーランド出張4回目 7日目 ジョージマイケルのコンサート >>