カナダの体験生かす

カナダの中学生海外派遣の報告会の記事が上毛新聞西北毛版に掲載されました。なんと写真に写っていました。これに参加するのが帰国の目的之一鴨。本当は派遣の1日後にポーランドに出発して、海外派遣の帰国と同じ日に帰国予定だったのですが、だいぶ遅くなりました。
中学生の報告を聞いていると、修学旅行よりずっと面白くホストファミリーとの交流が面白かったようです。ホストファミリーもゆっくり簡単な英語で話しかけてくれたようです。日本の英語授業だとカタカナ発音しているのだと思いますが、現地ではそれなりの発音をしていたのだと思います。報告会が終わった後、だいぶ名残惜しそうな感じでした。
かわいい子には旅をさせよということですが、海外の大学へ留学とか言い出したりしないかとちょっと複雑です。
カナダは国内でも時差があるようで、日の入りはPM10:00頃だったというころです。ポーランドがPM8:00で緯度は同じくらいと考えるとどちらかがシフトしているのかもしれません。

派遣にはそれなりの費用負担がありますが、出張の場合はただでというか給料もらって英会話練習ができると思えば良い機会なのかもしれません。意思疎通できないとお互い仕事が進まないので、こちらにわかりやすい英語で話してくれますし。
お店などでもポーランド語はさっぱりなので、英語しかありません。昔の人は外国語と言えばドイツ語だったようですが、若者は英語がある程度できるようです。PLAYでチャージ方法を教えてくれた人は親切でしたね。あそこのレジでチャージカードが買えると説明してくれて、その後が大丈夫か着いてきてくれてチャージ方法まで説明してくれて。
帰りの飛行機で隣になった日本に出張に行くというドイツ人とも英語で話しました。その人は日本語はほとんどできないということなので、英語で日本の会社で仕事しているのでしょうね。
ポーランドの出張は電子辞書を持って行けませんでした。キャノンの電子辞書は子供が持って行ってしまいました。カシオのE-A300は英和、和英が入ってないのが欠点です。辞書が有っても実際の会話になると知っている単語で話すしかありませんね。

出張で気になった単語
Expire 携帯かけた後のショートメールに入っていました。100PLNチャージすると有効期間が100日になってカウントダウンされるみたいです。
Investigate 基本的過ぎる単語みたい。

またポーランドに行くことになりそうです。次の帰国は運動会に間に合うと良いんですが。
[PR]
by arip314 | 2011-09-08 02:40 | 日記 | Comments(0)


<< U盘 親方ラーメン >>