ポーランド出張2回目 10日目

10:00頃から聖体祭のイベントがあるというので行こうと思いましたが、日本と連絡を取っていてお昼近くになってしまいました。後で聞くとイベントは終わった様子で、教会ではミサをやっているようでした。それらしい行事をやった痕跡はありました。
c0076764_524048.jpg
この日は教会には入ってはいけないかと思いましたが、これも後で聞くと塔とか登れたようです。
昼は以前も行ったことがあり、今回初日に行った隣のイタリアン、夜はその向かいのブラジル料理を食べました。両方とも結構がっつり系です。
c0076764_629030.jpg
昼のイタリアン。
c0076764_5305431.jpg
ブラジル料理。ステーキの方が美味しかったかも。Rynekのレストランは営業していましたが、Mercureはじめお店は全て閉まっていて買い物ができませんでした。

イタリアンを食べた後、腹ごなしにブロツワフ中央駅裏という公園へ散歩。
c0076764_6322553.jpg
ブロツワフ中央駅はこんな感じで工事中。付近のトラムも工事でいくつか路線が変わっているので要注意。結構距離有り、駅から20分くらい歩きました。
c0076764_6344510.jpg
スカイタワーの工事も進みました。
c0076764_63602.jpg
自転車専用の信号が有ります。Aqua Parkの先が公園です。そこはそんなに人がいませんでした。そこで、もっと大きな公園に行こうと思い、トラムに乗ります。
c0076764_6381257.jpg
トラムではチケットを機械に通します。横にチケットの販売機があったので前もって買う必要が無いのかと思い、次はそれを使ったところなんと現金が使えません。参ったと思ったらVISAが使えるようで買えました。MASTARもOKです。JCBはNG。持ってて良かったNIFTY-VISAカード。
c0076764_6423213.jpg
この公園はトラムの終点になっていてループで折り返します。
ここから公園を横切ると別のトラムの終点のはず。公園の方向がわかりませんでしたが、野生の勘で当たりました。
c0076764_644057.jpg
デートしたり家族サービスしたりしています。
c0076764_6445140.jpg
この公園のシンボルのショパン像がこんなことに。
次に世界遺産の100年ホールにトラムで行きます。2号線でまっすぐです。トラムで乗り換えができるかどうかわからないので、一本で行けるところしか行きません。トラムが信号で止まるとアイドリングストップバスのように静かです。
c0076764_6471385.jpg
100年ホールは思ったより大きかったです。中に入れないようでした。
c0076764_6493484.jpg
隣が公園になっていて噴水で水遊びしていました。100年ホールの反対は動物園で結構遊べそうです。入場料が25PLNと高いので、そのまま市内へ戻ります。結構人は入っています。
博物館付近でトラムを降りようと思いましたが、ドアが開かないのでガレリアまで行って歩いて戻りました。降りるときはボタンを押すのかもしれません。
c0076764_65338.jpg
入り口が分からなかったですが、どうもやって無さそう。
c0076764_6555138.jpg
カテドラルまで行くと中ではミサをやっているようでした。
c0076764_659238.jpg
WATAって綿菓子?
c0076764_6595999.jpg
観光船とツインタワー。
c0076764_725648.jpg
Rynekへ行く方はすごい混んでいます。
c0076764_775538.jpg
イタリア料理写真のWroclawガイドブック表紙の小人はここにいました。
[PR]
by arip314 | 2011-06-24 05:26 | 日記 | Comments(3)
Commented by ぴっちゃん at 2011-06-24 10:49 x
こんにちは。
ポーランド関係のブログをブラウズしていました。
WATA(ヴァタと読みますが)はポーランド語でも綿の意味なんですよ。
日本語由来ではなくまったくの偶然なのです。
この偶然、ちょっとすごくないですか?
WATA CUKROWA(ヴァタ・ツクロヴァ)は「お砂糖の綿」の意味で、つまりワタアメになります。
Commented by arip314 at 2011-06-24 13:40
ぴっちゃんさん、面白いですね。ちょっと調べるとロシア語は同じ発音で英語もwadというのがあるようです。
Commented at 2011-06-24 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ポーランド出張2回目 11日目 帰国 ポーランド出張2回目 9日目 >>