ポーランド出張2回目 6日目 Dresdenへの列車旅(1) 切符購入~発車

ポーランドへ来ての初めての休日です。同行者たちを市内観光に案内するつもりでいましたが、休みたいということで別行動。前回行けなかったプラハに行く経路を調べると最低6時間かかるようです。車をチャーターでもしないと無理っぽいです。
朝は早く起きられました。気温が低く天気はそんなに良くない様子なので、市内観光は止めます。前回行けなかった電車でのDresden2回目の下調べでもしようと思い駅まで行って切符だけでも買ってみようと思い出かけました。
駅までは15分くらいで着きました。この時点でまた出直すのも面倒なので今日Dresdenへ行ってしまおうと決めました。今はブロツワフ中央駅は工事中なので、切符売り場が分かり難いところにありますので、行く人は注意して黄色の案内を見てください。
c0076764_12505226.jpg
前回来ているので迷わず行けました。日曜のせいか人が少ないです。切符売り場でどこに行こうかと思いましたが、近くの窓口に行って聞くと国際列車の窓口が決まっているもよう。良く聞き取れなかったですが、他の窓口を見るとINTERNATIONALって書いてあるように見えた窓口に行きます。そこで聞くとパスポートが必要で14か15の窓口とのこと。あれ?と思いよく見るとINFORMATIONでした。14は閉まってたので15に行きました。
c0076764_12352569.jpg

今、写真を見るとちゃんとINTERNATIONLって書いてありますね。7:15分のDresden H.b.f.と言うと、One Wayか聞かれました。Dresdenにはもう一個Newstadt駅があります。本当はここで往復にしてしまう方が良かったと思いますが、事前情報では往復300ズロチで手持ちの金額を超えるので片道だけにしました。切符には時間があると思ってましたが、区間だけしかありませんでした。
最初レジに28ズロチと出たのでポーランドで買うと安いと思いましたが、合計は138ズロチと事前調査通り。窓口はカードが使えるようでCashかどうか聞かれました。カードにしておけば現金を減らさなかったですね。事前情報では英語は通じないので紙を見せるしかないということだったので指挿し用に時刻表を写して持って行ったのですが、状況が変わったのかどの窓口も英語でOKでした。
この時点で発車10分前くらいでした。朝食を食べてなかったので、水だけでも補給しようとしましたが、外の売店にはクーラーボックスに何か書いてあって面倒だったのでそのままDresdenの電光掲示のあるホームへ。ホームに上がると電光掲示板には違う案内があり、ここじゃないの?と思いましたが、前に短い列車が見えます。高崎駅の3番線を想像すると良いです。そこにはDresden行きの案内がありました。
c0076764_12533613.jpg

ホームにキオスクがあったので水を買います。Waterが通じず、指さし会話。LOT機内で食べたようなチーズバーガー入荷したところだったのでそれもたのみます。併せて5.5PLN。英語で5 50と行ってくれました。日本人の英語と似たレベルなのだと思いますが外人が話すと英語っぽいです。
台湾の新竹の失敗例があったので、念のため行き先確認。
c0076764_12581833.jpg
犬マークは何でしょうね?車両は2両しか有りませんが、ドイツ製のだと思います。中は新幹線のようにきれいです。国際列車というともっとずっと長い編成を想像していましたが、八高線のようとは思いませんでした。
列車は2両編成でドアの緑のボタンを押して開きます。席が指定かどうかもわかりませんでしたが、チケットに席番は無いようなので空いているところに座ります。隣の人に特に何も言われなかったので大丈夫なようです。
c0076764_1322644.jpg
前の方のガラスの向こうは小テーブル付きなので特別なのかもしれません。この写真は人が少なくなったときに撮りました。
c0076764_13115096.jpg
切符は2枚に分かれていて上がドイツ領内で108PLN、下がポーランド領内で28PLNです。
発車時刻になるとベルもなく発車しました。音からするとディーゼル車です。しばらくして検札が来ました。隣の人はパスポートの顔写真ページを用意していたので同じようにして出しました。検札員は何かチェックして検札しています。帰りの様子からするとパスポート提出は不要だったようで、何で出したのか確認したのかもしれません。

車両の外に1と書いてある列車。この数字は2は普通車、1はグリーン車を表すとのこと。
c0076764_14112386.jpg

[PR]
by arip314 | 2011-06-20 13:04 | 日記 | Comments(3)
Commented by Erlang at 2011-06-20 13:16 x
ガラスで仕切られた向こうの位置の車体の外側に大きく数字の"1"が書いてありませんでしたか? たぶん最後から2枚目の写真の"2"のように。ヨーロッパの列車にはたいてい1等車か2等車を車体に大きな数字で書いてあります。普通なら1両ごとでしょうが、2両編成の短いのなら、部分的に区切ってあるかもしれません
Commented by arip314 at 2011-06-20 14:10
Erlangさん、別の写真に1と書いてあるのがありました。
Commented by Erlang at 2011-06-20 15:10 x
やっぱり


<< ポーランド出張2回目 7日目 Short trip to D... >>