台湾出張3日目

昨日の餃子弁当は単調なので、昼食は食堂に行くことをリクエスト。自分で勝手にということでしたが、慣れていないということで連れて行ってもらいました。中国式は主食1つ副食4つで50元。選び方が複雑なので、香港料理にしました。
c0076764_129022.jpg
これは烩饭というものらしいです。初めて食べましたが、ここではいろいろな種類があります。これは牛肉の物。
今回のミッションの台湾の輸入法を確認しました。MS組み込みの注音を使っているそうです。搜狗は知りませんでした。拼音もほとんど知らないということです。注音符号がキーボードに印刷してあります。その記号はピンインのように音を表すそうです。例えばBに相当する記号と、Aに相当するのをあわせると爸になるという仕組みらしいです。
早く終えて新竹の会社へ仕事しに行きたいと思ってましたが、ここの仕事が終わらずあきらめます。
夕食は米粉に連れて行ってくれるということでしたが、目的のお店には無く、どこにあるかも分からないと言うことで何が良いか聞かれました。香港料理の外れが少ないと思い香港料理にしました。
c0076764_1325446.jpg
これはほうれん草に見えますが、なんとか苗。美味しいです。
c0076764_13315100.jpg
これは海老ですが綺麗です。珍珠なんとかというのが一番美味しかったかも。
この後、区域を回る無料バッテリーカーで一周しました。
仕事は10:00くらいで一区切りつけて終わりにしました。新竹まで行ってみようかと思い、iPhone で海外パケットし放題を有効にしてマップを頼りに竹北駅へ。電車の乗り方さっぱり分かりませんでしたが、自動販売機に挑戦。
c0076764_1381958.jpg
案内に従って押すと15元でした。ローカルは区間線と言うようです。何番線か分からなかったのですが、後で見ると番号が有るんですね。日本では何とか方面と書いてあるのでそれと同じつもりでいて分かりませんでした。電車が入ったところで慌てて電車の番線に移動。電車は自動改札で日本と同じ感覚で乗れました。女性専用車とか有りました。
c0076764_1411730.jpg
帰りの時刻を確認するとどうも新竹駅は23:05分みたいでアウト。帰りはタクシー決定。
新竹は隣駅で10分かからず到着。竹北が篭原とすると新竹は熊谷という感じを思い浮かべてもらえれば良いと思います。
c0076764_1453428.jpg
新竹駅から10分くらいのこの辺が中心のようです。来るのが遅過ぎたようでほとんど閉まっています。明日は週末なのでもっと遅くもやっているのでしょう。
c0076764_1455465.jpg
マーライオン似が有りました。KTVもありますが、1人で飛び込みで入るのはちょっと無理。
それにしても台湾はバイクが多いです。安全そうなところを1時間くらい回ってタクシーで帰ります。タクシー待ちのところに行ったら「こんばんは」と声を掛けられます。向こうからは日本人に見えるのでしょうか。竹北OKか聞くと大丈夫と言うことで行き先を伝えます。15分くらいで竹北に到着。230元でした。
タクシーはナビが付いていたり、ネットラジオを聞いていたり、デジタルテレビが有ったり、先進的です。
[PR]
by arip314 | 2011-06-10 01:54 | 日記 | Comments(2)
Commented by Erlang at 2011-06-10 10:44 x
そうです、台湾の人はピンインを知らないので、交流会なんかででも発音をピンインで教えてと尋ねても相手の方わからなくて困ってしまうことがあります。
ボポモフォ(注音符號)は前から覚えられたらなあとは思っているのですが、なかなか覚えられませんね
Commented by arip314 at 2011-06-13 06:46
Erlangさん、新竹まで車で乗せてってもらった人に、これはカーナビかと聞いたらそうだと言って目的地をセットする時に出たのはボポモフォでした。
导航と言ったとき声調を間違えましたが状況から通じました。


<< 台湾出張4日目(1) 台湾出張2日目 >>