大連7日目 旅行の客引きにつかまる

上海から帰って体調いまいちだったので、ホテルでごろごろしようかと思いましたが、ハウスキーピングの間だけでも出ようかと思いました。
どうせなので、市内までは行くことにしました。大連にいた人は旅順くらいしか観光するところ無いと言っていたので、旅順にしてみようと思いました。日本人向けのガイド本で見ると午後からの半日観光が350元ででていました。
電話するとその日はやっていないとのこと。大連の他の知り合いに電話しても都合が合いませんでした。大連駅に行ってその旅行会社へ行って相談しようかと思いました。
大連駅を出ると宿の客引きと同様に観光の看板を持っている人が何人かいました。それを見ると旅順もあります。覗いていたら話しかけられたので参加したいと言いました。

こういう現地の旅行に参加するのは某氏くらいかと思いますが、まさか自分が。

すると付近の旅行社に連れて行かれ、旅順一日游はあるか聞くと無いとのこと、他に数件の旅行社に連絡するもやはり無し。どうやら旅順は8:00出発で、7:30には締め切るようです。明日を予約するかと聞かれますが、明日は行けないのでだめと言います。他にもツアーがあるよというので見ると、半日観光では星海公園か老虎灘がメジャーな様子。あとは発見王国という遊園地。星海公園は行ったので、老虎灘にしてみます。

途中、旅行社を移動しているときに韓国人か?と聞かれ、日本人と答えると日本人の発音は良くないのですぐにわかるとのこと。韓国人の中国語はそんなに良いのか。頑張れ日本人!

老虎灘のチケットはここで買うということで、駅前に停車している小型バスの窓口で買います。190元と思ったより高い。ぼられているのか?
案内した人には何か半券のようなものを渡して後はガイドの言うことを聞いてくれと言われおさらば。チップでも要求されるのかと思ったら、その半券でバックする処理するんでしょうかね。後から考えると余りマージンは無いはず。

ガイドに案内図をもらいこのバスに乗ってといわれ観光バスに。20分くらいで数人の客が集まりました。いつ出発するんだろうねとか話しているのが聞こえます。そのうち、別の車に移ってくれということで、十数人乗りのワゴンバスに移ります。そこで出発。人数によって余所から集めた人をまとめて行くのでしょう。うーん合理的。
移動中にガイドが説明をしています。聞き易い中国語でした。
・老虎灘の4つのパビリオンに入れるチケットが出るらしい。
・他のロープウェイや船などは自費で出すとのこと。
・帰りは夕方6:00に同じ場所に迎えに来るらしい。
・早く帰る人は2番のバスで1元で大連駅に帰れる。タクシーを使っても十数元。
老虎灘の周り方やポイントを説明してくれます。入って珊瑚館を見たらつまらないからすぐ出て、ツーリスセンターで表演の時刻表をもらい、それを見てどこに行くか決めると良いとのこと。面白い4つの館をと言ってたのでマークしました。

老虎灘に着くと入り口でガイドがチケットを買い、中に入ってチケットをもらいます。その後もガイドがいるのかと思ったらそこから先は自由行動だったみたいで、参加者は勝手に行きます。そういう話をしていたのは聞き取れませんでした。
1人で回るのもなんだなぁとか思いながら、ガイドの言うとおりに回ってみることにしました。結果的にうまく回れ、表演も面白かったです。勝手に来たらどう回って良いかわかりませんね。
普通の入場料も190元で大連駅への送迎が付いていて、お得ではないでしょうか。
[PR]
by arip314 | 2011-05-16 13:59 | 日記 | Comments(0)


<< 大連8日目 日本語が中国語に聞こえた 大連6日目 今度の部屋は景色が悪い >>